神戸メリケンパークで神戸ミートフェア開催、8万人が来場


 5月3〜5日の3日間、神戸の波止場で開催された「神戸メリケンフェスタ」。今回で30回目を迎える。幸い好天に恵まれ、客足も良く期間中、およそ8万人が来場する大盛況となった。中でも会場を盛り上げたのが神戸メリケンフェスタのメインイベントである「神戸ミートフェア(神戸ワイン&神戸ビーフ祭)」。神戸ワインや国産牛ステーキの販売、神戸ビーフの試食など、食肉関連業者らによるさまざまなイベントが催され、近隣に限らず全国から訪れた多くの来場者を楽しませた。
 神戸ミートフェアは兵庫県食肉事業協同組合連合会(吉岡進会長)などからなる同フェア実行委員会が主催。毎年、開催されており、ことしは5月3〜5日の3日間、開催された。場所は神戸市中央区の「メリケンパーク」でJR「元町駅」から南へ徒歩10分ほど。開催期間中、天候にも恵まれ、いずれも快晴となった。3日11時からのオープンだったが例年同様、オープン前から多くの来場者が訪れ、目当てのブースを目がけて急ぎ、行列をなす盛況ぶりとなった。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み