食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

ハンガリーの野生いのししによるアフリカ豚コレラ初発生


 国際獣疫事務局(OIE)はこのほど、ハンガリーの北部ヘヴェシュ県(Heves)で、野生のいのししにアフリカ豚コレラ(ASF=African Swine Fever)が確認されたと発表した(既報。日本は24日から、同国からの豚、豚肉等の一時輸入停止措置を講じている)。同国での発生は初めてで、国内では家畜の移動制限が行われるなど、防疫措置が行われている。2017年以降、近隣のチェコとルーマニアに続いての発生で、感染源については現在調査中とされているものの、既にASF発生国であるウクライナとルーマニアの国境からは約200kmの距離に位置することから、OIEは、外国人労働者が持ち込んだ食品残さの可能性を示唆している。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top