食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

マルイチ産商が新ブランド牛「信州白樺若牛」発売、拡販目ざす


 マルイチ産商(平野敏樹社長)は14日から、新たなブランド牛「信州白樺若牛(しんしゅうしらかばわかうし)」の発売を開始。それに伴い同日、長野市内のホテル国際21で発表会および試食会が開催された。
 「信州白樺若牛」は、豪州で8〜10カ月育成された豪州産素牛(アンガス種×黒毛和種)を、長野県内で12〜15カ月肥育した長野県産の肉専用種。健康志向の高まりで脂身の少ない赤身肉の需要が高まる中、「美味しい赤身肉を創る」をコンセプトに、良質な水と空気に恵まれた環境で、同社グループが開発したリンゴ搾りかす発酵の専用飼料を用い、経験豊かな生産者が肥育を行うことで軟らかくうまみのある赤身主体の肉質を目ざした。

◆行政・統計

自民台風19号対策本部、岸田政務調査会長「政治の責任果たす」

自民台風19号対策本部、岸田政務調査会長「政治の責任果たす」

 自民党の令和元年台風19号非常災害対策本部が17日、党内で開かれ、被害状況および政府の対応状況について説明された。 岸田文雄政務調査会長は「台風19号の被害についてはその実態が明らかになるにつれ、その深刻さ、範囲の大きさを改めて痛感してい...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

神戸ビーフがDNA鑑定に対応、肉片保管・管理体制構築

神戸ビーフがDNA鑑定に対応、肉片保管・管理体制構築

 世界的和牛ブランド「神戸ビーフ」のブランド管理・運営を行う神戸肉流通推進協議会(森紘一会長)は10月1日と畜分から、偽装対策として枝肉の肉片をDNA鑑定用に採取、乾燥保管している。 姫路市の和牛マスター食肉センター(姫路市食肉地方卸売市場...
More

◆製品

神戸市西部市場銘柄和牛共、単価1万5円の史上最高値で落札

神戸市西部市場銘柄和牛共、単価1万5円の史上最高値で落札

 第10回神戸市西部市場銘柄和牛共進会(同実行委員会主催)が11日、神戸市中央卸売市場西部市場で開催された。同共進会実行委員会は今回、節目の10回大会とあって、兵庫県および神戸市の食肉産業のさらなる発展と振興に資するため、関係各社と協力し、...
More
Return Top