食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

日本家畜商協会総会、30年度は肉用牛預託の各事業を実施


 一般(社)日本家畜商協会(江藤拓会長)は15日、都内で平成30年度定時総会を開き、上程議案を原案どおり承認した。
 平成30年度事業計画は家畜商組合が肉用牛預託事業の実施に必要とする借入資金の債務保証事業および肉用牛担保管理事業、家畜市場の環境整備推進などに要する助成事業、家畜商の営業保証金供託代行事業および家畜の取引に関する調査研究ならびに普及啓発事業をさらに推し進めるとともに、昨年度に引き続き肉用牛流通促進対策事業を実施する。また地域活性化対策として、会員に対する表彰事業、組織活性化事業などに取り組んでいく。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top