食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

マルイチ産商が新ブランド牛「信州白樺若牛」発売、拡販目ざす


 マルイチ産商(平野敏樹社長)は14日から、新たなブランド牛「信州白樺若牛(しんしゅうしらかばわかうし)」の発売を開始。それに伴い同日、長野市内のホテル国際21で発表会および試食会が開催された。
 「信州白樺若牛」は、豪州で8〜10カ月育成された豪州産素牛(アンガス種×黒毛和種)を、長野県内で12〜15カ月肥育した長野県産の肉専用種。健康志向の高まりで脂身の少ない赤身肉の需要が高まる中、「美味しい赤身肉を創る」をコンセプトに、良質な水と空気に恵まれた環境で、同社グループが開発したリンゴ搾りかす発酵の専用飼料を用い、経験豊かな生産者が肥育を行うことで軟らかくうまみのある赤身主体の肉質を目ざした。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

 国産純粋種豚改良協議会はこのほど、同協議会認定銘柄豚ロゴマークのデザインを発表した。この認定は純粋種豚の能力向上と普及促進のため、同協議会会員が日本において改良を行い、血統を明確に管理した種豚を使って生産された豚肉に与えられるもの。 昨年...
More

◆製品

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する(株)フリーデンはこのほど、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現した。同社はSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みを積極的に推進している。中でも「食品ロス削減」の課題に...
More
Return Top