食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

年鑑

マルイチ産商が新ブランド牛「信州白樺若牛」発売、拡販目ざす


 マルイチ産商(平野敏樹社長)は14日から、新たなブランド牛「信州白樺若牛(しんしゅうしらかばわかうし)」の発売を開始。それに伴い同日、長野市内のホテル国際21で発表会および試食会が開催された。
 「信州白樺若牛」は、豪州で8〜10カ月育成された豪州産素牛(アンガス種×黒毛和種)を、長野県内で12〜15カ月肥育した長野県産の肉専用種。健康志向の高まりで脂身の少ない赤身肉の需要が高まる中、「美味しい赤身肉を創る」をコンセプトに、良質な水と空気に恵まれた環境で、同社グループが開発したリンゴ搾りかす発酵の専用飼料を用い、経験豊かな生産者が肥育を行うことで軟らかくうまみのある赤身主体の肉質を目ざした。

◆行政・統計

鳥インフル9例目が福岡県で、香川県以外ではことし初の発生

鳥インフル9例目が福岡県で、香川県以外ではことし初の発生

 農水省は25日、福岡県宗像市の肉用養鶏農場(約9.4万羽)でことし国内9例目の高病原性鳥インフルエンザ疑似患畜の確認を公表した。24日に死亡鶏が増加した通報を受け、福岡県が同農場に対し移動の自粛陽性と立入検査を実施。同日にインフルエンザ簡...
More

◆トレンド

鶏肉需給ひっ迫、冷凍在庫不足に加え鳥インフル影響懸念

鶏肉需給ひっ迫、冷凍在庫不足に加え鳥インフル影響懸念

 新型コロナウイルスの感染拡大が全国的に再び加速し、急速に社会的な不安と警戒感が強まってきた。国のGoToキャンペーンで飲食店は少しずつ活気を取り戻し、年末に向け期待感は高まっていたが、忘年会を含め外食需要は再び厳しい状況が見込まれる。内食...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

大容量タイプの「The GRANDアルトバイエルン」発売

大容量タイプの「The GRANDアルトバイエルン」発売

 伊藤ハムは、熟成が醸し出すコク、うまみが特長の「The GRANDアルトバイエルン」か ら、大容量タイプの「The GRAND アルトバイエルン 1,000g」を11月10日に発売した。 外食控えや節約志向の高まりにより、家庭で食事をする...
More
Return Top