食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

マルイチ産商が新ブランド牛「信州白樺若牛」発売、拡販目ざす


 マルイチ産商(平野敏樹社長)は14日から、新たなブランド牛「信州白樺若牛(しんしゅうしらかばわかうし)」の発売を開始。それに伴い同日、長野市内のホテル国際21で発表会および試食会が開催された。
 「信州白樺若牛」は、豪州で8〜10カ月育成された豪州産素牛(アンガス種×黒毛和種)を、長野県内で12〜15カ月肥育した長野県産の肉専用種。健康志向の高まりで脂身の少ない赤身肉の需要が高まる中、「美味しい赤身肉を創る」をコンセプトに、良質な水と空気に恵まれた環境で、同社グループが開発したリンゴ搾りかす発酵の専用飼料を用い、経験豊かな生産者が肥育を行うことで軟らかくうまみのある赤身主体の肉質を目ざした。

◆行政・統計

パレット標準化に向け、中間取りまとめ公表—農水省

パレット標準化に向け、中間取りまとめ公表—農水省

 農水省は27日、「官民物流標準化懇談会 パレット標準化推進分科会」の中間取りまとめを公表した。 わが国の重要な社会インフラというべき物流は、現在、労働力不足をはじめ多くの課題に直面している。令和3年6月に閣議決定した総合物流施策大網(20...
More

◆トレンド

7〜9月期配合飼料供給価格、1万1,400円値上げ—JA全農

7〜9月期配合飼料供給価格、1万1,400円値上げ—JA全農

 JA全農は22日、令和4年7〜9月期の配合飼料供給価格について、飼料情勢・外国為替情勢などを踏まえ、4〜6月期に対し、全国全畜種総平均1tあたり1万1,400円値上げすることを決定した。なお、改定額は、地域別・畜種別・銘柄別に異なる。 飼...
More

◆国内外の団体

全肉生連が総会開催、衛生管理にかかわる情報・知識の普及へ

全肉生連が総会開催、衛生管理にかかわる情報・知識の普及へ

 全国食肉生活衛生同業組合連合会(肥後辰彦会長=写真)は28日、東京都千代田区の都市センターホテルで令和4年度第1回理事会および第63回通常総会を対面形式で3年ぶりに開き、3年度事業報告や4年度事業計画などの提出議案を原案どおりに承認した。...
More

◆製品

More
Return Top