食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

伊藤ハムが「醇」もらってうれしいキャンペーンを実施

 伊藤ハムは「醇」シリーズへの永年の愛顧に感謝して、「醇」もらってうれしいキャンペーンを実施する。キャンペーンのポイントは(1)賛否両論の笠原氏監修のギフトをプレゼント=応募券2枚を集めて応募すると、抽選で合計200人に東京都恵比寿の人気和食料理店「賛否両論」店主・笠原将弘氏監修のギフトセットをプレゼント!(2)和のローストビーフギフトが抽選で100人に当たる=Aコースは、笠原氏が監修した和のローストビーフギフト。穀物肥育牛を使用し、肉のうまみを引き立てるために「焙煎黒胡椒(ばいせんくろこしょう)」をほどよく使用している。「わさびしょうゆソース」と「ゆず風味ソース」の2種類のソースで食べられる(3)こだわりの和総菜セットが抽選で100人に当たる=Bコースは豚カタロース肉を使用した「釜炊き叉焼(チャーシュー)」をはじめ、皮付き豚バラ肉を軟らかく煮込んだ「豚角煮」、鶏モモ肉でいんげん・ごぼう・にんじんを巻き、香ばしく焼いた「鶏の野菜巻山椒風味」など、こだわりの和総菜6品を詰め合わせた。
 キャンペーン概要は次のとおり。タイトル 「醇」もらってうれしいキャンペーン▽期間・応募締め切り 9月12日〜11月15日(当日消印有効)▽応募方法 対象商品の表面に印刷されている応募券2枚を切り取り、専用応募はがきまたは郵便はがきに添付し、郵便番号・住所・氏名・年齢・電話番号・希望のコースを明記の上、応募する。1人何口でも応募できるが、はがき1枚につき1口とする▽応募あて先 〒277-8691、日本郵便(株)柏郵便局私書箱第16号 伊藤ハム「醇」もらってうれしいキャンペーン係▽景品・当選者数 「賛否両論ローストビーフセット」=抽選で100人、「賛否両論こだわりの和惣菜セット」=抽選で100人▽対象商品 「醇」シリーズ全品(特撰ももハム、特撰ロースハム、特撰ベーコン)

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

JPPA青年部会「俺豚2019」盛況、国産豚肉の魅力PR

JPPA青年部会「俺豚2019」盛況、国産豚肉の魅力PR

 一般(社)日本養豚協会(JPPA、香川雅彦会長)は、通算13回目となるJPPA青年部会(橋本晋栄部会長)主催の国産豚肉消費拡大イベント「俺たちの豚肉を食ってくれ!(通称=俺豚)2019」を9、10日の両日、東京・日比谷公園(にれの木広場)...
More

◆製品

More
Return Top