カンピロバクター予防徹底、鶏肉の十分な加熱注意喚起を

 生・半生・加熱不足の鶏肉によるカンピロバクター食中毒が近年多発しており、ことし5月には野外イベントで提供された鶏肉により、875人もの患者が発生し、厚生労働省は飲食店への指導を強化している。年末の最需要期を迎え、生食を規制することで伸長する鶏肉消費に水を差すことにもなりかねず、飲食店や消費者に十分な加熱など予防を徹底するよう、鶏肉卸・小売販売サイドからも注意喚起していくことが必要だ。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み