食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

ツカコムがハム・ソー原料肉の加工方法と装置で特許装置を発表

 (株)ツカコム(本社=千葉県鎌ケ谷市、手塚要一社長)は、単味品製造の更なる時短と省スペース化を実現する二つの特許案件を公表した。
 1件目は昨年5月に発表した「エアーインジェクター」(写真)の両面打ちタイプ。特許公開時(公開番号2014-76040)と実機発表では片面打ちでの公開としたが、今回は表・裏両側から注入できるもの。これにより片面タイプより原料積載部が短くなり、エアーガスの注入ポンプも小さくて済むので更なる小型化を実現した。「エアーインジェクター」は、原料肉にピックル液を注入する前に肉塊にエアーガスを注入し、その膨張力で肉繊維を拡張させたあとピックル液を注入する装置。この発明技術により、従来に比べはるかに速いスピード(同社比約1/2)でハム・ソーピックル液や調味液を均一に分散・浸透させることができるという。仕上がりについても肉質感にあふれ、ふんわりとしており、口当たりはしっとりなめらかで高級ギフトにも十分対応できる製品が出来上がる。
 二件目は「原料肉のマッサージ装置」(公開番号2013-106526)

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top