食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

 豚肉需給などテーマに東京食肉市場・木村専務がIPPSで講演

 ポートメッセなごや(名古屋市港区)で開催された国際養鶏養豚総合展2022(IPPS)の特別講演会で4月27日、東京食肉市場(株)の木村敬専務取締役営業本部長による「2022変動する豚肉の生産と需給動向」と題したセミナーが開催された。セミナーでは、新型コロナの拡大、原油価格の高騰、生産資材や飼料のコスト上昇、SDGsへの関心の高まりなどによる環境変化に関係した、豚肉の需給動向や養豚経営に及ぶ大きな影響などが説明された。要旨は次のとおり。
 コロナの影響により、豚肉の家計消費は2020年2月から継続的に前年同月を上回り始め、21年にはやや落ち着いたものの、依然として堅調であることに変わりはない。豚肉消費は全体の50%が家庭内消費となっており、牛肉の30%と比較しても高い数値となっている。ここ2年間で外食での消費が大きく減少したが、その点では牛と比べて豚は難点が少ない。内臓肉などの例外を除き、内食需要による購買の増加も顕著だった。国産豚の供給についても、コロナによる悪影響はあまり見受けられない。国内生産は順調で、21年の全国出荷頭数は1683万7千頭と前年超え。20年以上にわたって1600万頭台を安定して維持している。一方、輸入面においては、欧米各国で食肉生産がストップする事態に陥り、物流の混乱が生じるなどの不安定な状態になった(続きは食肉速報に掲載)

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top