食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

取引慣行の実態調査、小売側の改善10年で10ポイント

 食品産業センターはこのほど、令和3年度食品産業における取引慣行の実態調査の結果を公表した。
 それによると、取引慣行における小売側の改善(かなりの改善、ある程度の改善)は前年に比べ、マイナス0.5ポイントの81.6%で、前回調査とほぼ同じスコアであった。直近4年間ほど足踏みが続いているものの、過去10年間では約10ポイント改善している。個々の事象については、今後も注視しなければならないケースも散見されるが、「大規模小売業告示」に示されている禁止行為(不当な協賛金要請、不当なセンターフィー要請、従業員要請、値引きのほか、特売商品などの買いたたき)、および「優越的地位の濫用(らんよう)に関する独占禁止法上の考え方」で問題とされる「過度な情報開示要請」については、大きな方向性としては減少傾向といえる。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top