食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

全肉連が3年ぶりに事業説明会開催、食肉小売の強化図る

 全国食肉事業協同組合連合会は10日、東京・港区で令和4年度事業説明会を開催した。対面とオンラインの両方で出席できる形をとり、新型コロナの感染対策を講じた上で3年ぶりに実施。冒頭、木村元治専務は「全肉連は全国各地にベースを置き、BSEの感染拡大時などもそうだったが、緊急事態のセーフティーネットを有している。今回のコロナ下においても各所に重要な役割を担っていただいた」と述べた。
 同氏は今年度における事業に関して、「和牛肉保管在庫支援緊急対策事業」でインバウンド・外食需要が落ち込んだ和牛肉の保管・販売への取り組みを支援すること、「食肉流通経営体質強化促進事業」で小売・卸売・業務用といった多様な需要について産地との連携強化を推進し、食肉小売店を活性化させることなどを説明。また、「国産食肉等新需要創出緊急対策事業」により、全肉連のネットワークを活用しながら、国産食肉の販路拡大・需要創出を図るとしている。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top