食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

日本食鳥協会関西支部が「拡大火曜会」開催、情報交換行う 

 日本食鳥協会関西支部(井元克典支部長)は12日、「拡大火曜会」を開催した。同会は隔月で開催される生産者と荷受者の情報交換会。冒頭、井元支部長は「梅雨が明けたと思いきや台風などもあって天候不順が続いている。海外情勢も緊迫した状況が長期化し、コロナも再拡大の懸念が強まっているなど先行きの不透明さが増している状況だ。本日は、各々の商売に少しでもつなげていけるような有益な情報交換に期待したい」とあいさつ。そのあと、生産加工部会の辻貴博部会長の司会のもと、生産側と荷受側双方の立場から、近況報告、生育状況、直近の販売状況など活発な意見交換が交わされた。各社のコメント概要は以下のとおり。
 【生産加工部会】多少、大腸菌症が発生した事例もあったが、昨年と比較しても大きな病気などはなく、現在のところ全体的におおむね順調。ただ、6月は猛暑が続いたこともあって、5月に比べると増体の点でやや落ちている。外国人実習生の入国が始まったものの、十分な人員がそろい、作業に慣れてもらうまでには時間もかかるため加工場の処理羽数は依然として落ちており、在庫が膨らむ状況ではない。また、供給体制が整っていないため、セセリ、ヤゲン軟骨などの希少部位については生産がむずかしく、需要にこたえられない状況が続いている。直近ではコロナウイルスの感染が再拡大しているため、作業者が濃厚接触者となって自宅待機となるケースなども続いており、人員確保は一層難航している。先ごろ発生したAUの大規模通信障害の際、鶏舎の異常に対して情報が飛ばせず、一部のインテグレーションに影響があったようだ。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

 農畜産業振興機構は9日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)の令和4年度4〜6月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価(確定値)を公表した。 肉専用種は、すべての都道府県で販売価格が生産費を上回ったため、4〜6月は交付...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top