食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

ニッポンハム食の未来財団がアレルギー対応料理コンの表彰式

 一般財団法人ニッポンハム食の未来財団(山田良司理事長)は12日、東京・豊島区の女子栄養大学(駒込キャンパス)で、「第2回食物アレルギー対応食 料理コンテスト」の表彰式と、「食物アレルギー〜笑顔輝く、食の未来〜」というテーマのセミナーを開催した。
 料理コンテスト表彰式は、受賞者や来賓など約70人が参加した。山田理事長は、「おそらく全国で初めての食物アレルギー対応食のコンテスト。第2回を迎えることができたが、どの作品も食物アレルギーの人に喜んでもらいたいという思いのこもった作品ばかりであり、本当に実施して良かったと感じる。応募作品は、すべての人に食べる喜びを与えたいという財団の理念の証しのようなものであり、今後この活動を継続するのと同時に、応募された作品が全国で活用されるような取り組みを行っていきたい」とあいさつ。そのあと、上位受賞者の料理が紹介され、結果発表に移った。
 応募総数631作品(一般の部532作品、学生の部99作品)の中から最優秀賞に選ばれたのは、一般の部から三重県のツルルンさんが考案した「小麦粉を使わないつるるんうどん」と、学生の部から東京都のガジャベ・ギタンジャリさんが考案した「ヴィーガン マカロン」。そのほか、優秀賞として各部門から1人ずつ、審査員特別賞として一般の部からは3作品、学生の部からは4作品が選ばれた。

◆行政・統計

三重県、鈴木知事が野上大臣に家畜伝染病防疫対策の支援等要請

三重県、鈴木知事が野上大臣に家畜伝染病防疫対策の支援等要請

 三重県の鈴木英敬知事は21日、今年度補正予算での対応も含め、令和4年度の当初予算編成にあたって概算要求が確実に行われるよう「国への提言・提案」を野上浩太郎農水大臣に提出した。農水省に「農林水産物の販売促進や消費拡大、販路の多様化、輸出の回...
More

◆トレンド

令和3年度7〜9月期の配合飼料価格は4,700円値上げ

令和3年度7〜9月期の配合飼料価格は4,700円値上げ

 全国農業協同組合連合会(JA全農)は、令和3年7〜9月期の配合飼料供給価格について、同年4〜6月期に対して全国全畜種総平均1tあたり4,700円値上げすることを決定した。改定額は地域別・畜種別・銘柄別に異なる。 全農による飼料情勢および値...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top