食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

年鑑

ニッポンハム食の未来財団がアレルギー対応料理コンの表彰式

 一般財団法人ニッポンハム食の未来財団(山田良司理事長)は12日、東京・豊島区の女子栄養大学(駒込キャンパス)で、「第2回食物アレルギー対応食 料理コンテスト」の表彰式と、「食物アレルギー〜笑顔輝く、食の未来〜」というテーマのセミナーを開催した。
 料理コンテスト表彰式は、受賞者や来賓など約70人が参加した。山田理事長は、「おそらく全国で初めての食物アレルギー対応食のコンテスト。第2回を迎えることができたが、どの作品も食物アレルギーの人に喜んでもらいたいという思いのこもった作品ばかりであり、本当に実施して良かったと感じる。応募作品は、すべての人に食べる喜びを与えたいという財団の理念の証しのようなものであり、今後この活動を継続するのと同時に、応募された作品が全国で活用されるような取り組みを行っていきたい」とあいさつ。そのあと、上位受賞者の料理が紹介され、結果発表に移った。
 応募総数631作品(一般の部532作品、学生の部99作品)の中から最優秀賞に選ばれたのは、一般の部から三重県のツルルンさんが考案した「小麦粉を使わないつるるんうどん」と、学生の部から東京都のガジャベ・ギタンジャリさんが考案した「ヴィーガン マカロン」。そのほか、優秀賞として各部門から1人ずつ、審査員特別賞として一般の部からは3作品、学生の部からは4作品が選ばれた。

◆行政・統計

輸出の取り組みに対する投資促進の方向性取りまとめ—農水省

輸出の取り組みに対する投資促進の方向性取りまとめ—農水省

 農水省は25日、このほど開催した「農林水産物・食品の輸出等への投資の促進に関する検討会(第2回)」の議論を踏まえ、「農林水産物・食品の輸出等の取組に対する投資の促進に係る基本方向」を取りまとめた。 同検討会は農林漁業および関連産業における...
More

◆トレンド

鶏肉需給ひっ迫、冷凍在庫不足に加え鳥インフル影響懸念

鶏肉需給ひっ迫、冷凍在庫不足に加え鳥インフル影響懸念

 新型コロナウイルスの感染拡大が全国的に再び加速し、急速に社会的な不安と警戒感が強まってきた。国のGoToキャンペーンで飲食店は少しずつ活気を取り戻し、年末に向け期待感は高まっていたが、忘年会を含め外食需要は再び厳しい状況が見込まれる。内食...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

スターゼンが東北地区アウトパック拠点、多賀城PC竣工

スターゼンが東北地区アウトパック拠点、多賀城PC竣工

 スターゼンは、宮城県多賀城市にアウトパック拠点として多賀城PCを新設し25日、竣工した。食肉流通業界では、バックヤードの負担軽減や簡便ニーズの高まりに応じてアウトパック需要が拡大しており、国内で5拠点目のプロセスセンターとして設立したもの...
More
Return Top