食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

JA全中が通常総会で自己改革の特別決議、奥野会長が強調

 JA全中(奥野長衛会長)は9日の第63回通常総会で、平成29年度事業計画を承認し、併せて第27回JA全国大会決議の「創造的自己改革への挑戦」に基づき2019年(平成31年)3月までに、JAグループの自己改革で一定の成果をあげることを確認する特別決議を行った。
 また午後3時過ぎからの定例会見で奥野会長は「総会では2人の方から日本農業振興のための前向きなご意見をうかがった。しっかりやっていきたい」と述べ、特別決議についても「日本中のJAが自己改革工程表により、決めたことをしっかりやっていくことであり、決議の四つ目が重要」と、組合員の理解と納得、評価が重要でコミュニケーションの大切さを強調した。さらに29年度事業計画のポイントでは「農業者の所得増大」と「農業生産の拡大」をあげた。

◆行政・統計

More

◆トレンド

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆国内外の団体

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆製品

More
Return Top