食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

豚コン最優秀賞「蔵尾ポークプレミアム」、鶏コンは「錦爽どり」

 食肉産業展の特別イベント「銘柄食肉好感度コンテスト」のうち、銘柄ポーク好感度コンテストの最優秀賞に輝いた(有)藏尾ポークの「蔵尾ポークプレミアム」(生産地・滋賀県)は、餌は自社グループ会社で食品リサイクル飼料を製造、小麦主体の良質な原料を選んで製造している。
 その飼料を主体に独自の配合をし、240日の長期肥育。牛肉にひけをとらない見事なサシと甘味が特長で、上品な味、脂、赤身となっている。受賞後、同社の藏尾誠農場長は「貴重な賞をいただき、恐縮している。これからもおいしい豚肉をつくっていきたい」と述べた。
 また、地鶏・銘柄鶏好感度コンテストの最優秀賞を受賞した丸トポートリー食品(株)の「錦爽どり」(千葉県ほか)は、餌は天然広葉樹から得た「木酢液」を添加した専用設計飼料を給与している。
 効率よりも味、食感、形、鮮度を優先して職人による手作業で処理するため、加工時に余分な水を使用しない。そのためドリップも少なく、うまみの流出も抑えられ、張り、弾力があり、ジューシーで締まりがあるのが特長となっている。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top