食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

7月以降の飼料価格26日発表、値下げ努力でも1,100円程度

 配合飼料供給価格の改定期を控えて、関係団体・企業の対応が注目されている。プライスリーダーの全農は、今月26日にも平成29年7〜9月期の配合飼料供給価格を発表するもようだ。飼料情勢は、前期価格設定と比較して主要原料となる穀物相場が弱含みで、懸念は大豆かすだったが、アルゼンチンの天候の回復などから大豆相場も弱含んできた。為替も111円前後まで円高が進み、今後年末に向かいさらなるドル安を予想する声もある中で、総合的に判断すると7〜9月期に対して全国全畜種総平均トンあたり供給価格で約1,100円程度の値下げが予想される。

◆行政・統計

More

◆トレンド

豚の出荷頭数は増加基調、世界的にはASFなど疾病懸念続く

豚の出荷頭数は増加基調、世界的にはASFなど疾病懸念続く

 例年、10月は大きなイベントなどもなく、出荷頭数が増加傾向となることから相場は下げ基調で推移することが多いが、ことしは量販店中心に内食需要が底堅いことに加え、GoToイートキャンペーンも開始され、ようやく外食業態にも人が戻りつつある。また...
More

◆国内外の団体

神奈川県肉連が東京・有楽町駅前で食育イベント、22日まで

神奈川県肉連が東京・有楽町駅前で食育イベント、22日まで

 全肉連の食育事業の一環として神奈川県肉連(上野好一理事長)は22日まで、東京都千代田区の有楽町駅前広場で開かれる「秋の食育・健康フェスティバル」に出展し、生粋かながわ牛の試食などを実施する。ことし、毎年参加しているイベントが軒並み中止とな...
More

◆製品

More
Return Top