食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

7月以降の飼料価格26日発表、値下げ努力でも1,100円程度

 配合飼料供給価格の改定期を控えて、関係団体・企業の対応が注目されている。プライスリーダーの全農は、今月26日にも平成29年7〜9月期の配合飼料供給価格を発表するもようだ。飼料情勢は、前期価格設定と比較して主要原料となる穀物相場が弱含みで、懸念は大豆かすだったが、アルゼンチンの天候の回復などから大豆相場も弱含んできた。為替も111円前後まで円高が進み、今後年末に向かいさらなるドル安を予想する声もある中で、総合的に判断すると7〜9月期に対して全国全畜種総平均トンあたり供給価格で約1,100円程度の値下げが予想される。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

家畜改良事業団が「福之鶴」を選抜、平均BMS 9.8は歴代最高

家畜改良事業団が「福之鶴」を選抜、平均BMS 9.8は歴代最高

 一般(社)家畜改良事業団はこのほど、30現検後期新規選抜牛の決定に伴い、説明会を開催した。今回選抜された3頭の概要は次のとおり。 [福之鶴(ふくのつる)]BMSの平均が9.8と歴代1位の成績。G育種価においても父「福之姫」をはるかに超える...
More

◆製品

More
Return Top