食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

[上半期の輸入鶏肉動向]買付競争激化でブラジル減、タイ伸長

 ことし上半期(1〜6月)の鶏肉輸入は、累計で25万9,901t(前年同期比6.9%減)と前年を下回って推移している。昨年秋ごろから世界的に鳥インフルエンザが発生する中、発生がみられないブラジルへの各国からの引き合いが強まった。ブラジル現地のオファーはいままで以上に強気。買い付け競争が激化し、数量確保が困難な状況となり、とくに1月は同国からの輸入は半減し、全体でも44.5%の大幅減となった。ブラジルは2月以降1割前後の前年割れで推移し、6月には昨年11月以来7カ月ぶりに前年を上回ったが、上期累計で19万3,318t(13.0%減)と1割強の減少となっている。また、3月下旬にブラジルの食肉不正問題が判明。同国産の輸入時検査が強化され、輸入環境は厳しさを増した。そうした中、ブラジルからのシフトもありタイ産への需要が高まった。同国は累計で5万6,503t(26.2%増)と伸長。とくに4月以降は3〜5割の伸び率で、6月には1万tを超えた。

◆行政・統計

酪肉近と家畜改良増殖目標が適当と答申—畜産部会

酪肉近と家畜改良増殖目標が適当と答申—畜産部会

 食料・農業・農村政策審議会 畜産部会が3月31日、コロナ影響により、書面を通して開催され、酪農および肉用牛生産の近代化を図るための基本方針と家畜改良増殖目標、鶏の改良増殖目標について適当と答申した。 酪肉近で令和12年度牛肉の生産数量目標...
More

◆トレンド

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

お世話になります。 食肉通信社主催の「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」は、新型コロナウイルスのまん延に伴い、開催を延期させていただきます。 詳細につきましては下記、株式会社ティ・エス・ディ(旅行会社)担当者・坂元氏からのご案内を確...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムがレンジ対応「シャウエッセン」を2品発売

日本ハムがレンジ対応「シャウエッセン」を2品発売

 日本ハムは1日、レンジ調理対応トレーの「シャウエッセン クラシック(トレイ入り)」と「シャウエッセン 焙煎ホットチリ(トレイ入り)」を発売した。トレータイプの新商品は通常フレーバーと、昨年好評だったホットチリタイプをさらにリニューアルした...
More
Return Top