食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

28年の食肉加工品地域別生産量と生産集中度の推移

 昨年の食肉加工品の生産数量は平成21年以降、8年連続50万t台を維持したが、WHO報道の影響もあり前年をわずかに下回った。品目別生産数量は、ハム類10万4,951t(前年比0.1%増)、プレスハム類3万1,839t(2.5%減)、ベーコン類9万1708t(3.6%増)、ソーセージ類31万344t(1.2%増)。一方、輸入量はハム・ベーコン類が8,908t(11.8%減)、ソーセージ類が3万4,116t(19.3%減)、輸入量全体で4万3,024t(17.7%減)で国内消費量の9%を占めた。

◆行政・統計

江藤農相、群馬食肉市場の豚コレラ対応視察「手本となる例」

江藤農相、群馬食肉市場の豚コレラ対応視察「手本となる例」

 江藤農相は11日の「農林水産省豚コレラ・アフリカ豚コレラ防疫対策本部」で同日の群馬県食肉卸売市場視察の結果を報告した。江藤農相は「大変しっかりとした対応をとっていただいていることに感心した。と場に入って出荷を済ませて出るまでに3回消毒する...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

JPPA青年部会「俺豚2019」盛況、国産豚肉の魅力PR

JPPA青年部会「俺豚2019」盛況、国産豚肉の魅力PR

 一般(社)日本養豚協会(JPPA、香川雅彦会長)は、通算13回目となるJPPA青年部会(橋本晋栄部会長)主催の国産豚肉消費拡大イベント「俺たちの豚肉を食ってくれ!(通称=俺豚)2019」を9、10日の両日、東京・日比谷公園(にれの木広場)...
More

◆製品

More
Return Top