食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

年鑑

ちくさんフードフェアに11万7千人来場、万全な準備で大盛況

 「ちくさんフードフェア2017」と「ジャパンミートピア2017inかながわ」が7〜8日の両日、川崎市東扇島の日本食肉流通センターで開催された。初日は正午から天気が回復し、2日目は晴天に恵まれるなどで来場者は両日合わせて11万7千人となった(初日=5万2千人、2日目=6万5千人)
 フェアでは、センター内出店者(食肉卸)コーナーや畜産団体・地域物産コーナーに加え、家畜ふれあい牧場やリニューアルされたフェア一押し食肉バーベキューコーナーなどが設けられ、多くの来場者が週末の食肉祭りを楽しんだ。毎年懸念されているA棟・B棟(センター内出店者コーナー)の混雑については、誘導員を設置し入場側と退場側を明確にするなどの対策を行い、当日は来場者が安全に楽しむことができた。
 隣接している家畜ふれあいコーナーとフェア一押し食肉バーベキューコーナーには衛生面での問題が懸念されていたが、テントの配置を手洗い場近くに変更、特別スタッフによる消毒・殺菌の呼びかけ、入り口に消毒マットを配置しての靴裏の消毒など万全の体制で臨み、一押し食肉のコーナーでは長蛇の列ができ、開始前には定員いっぱいになるなど大盛況となった。

◆行政・統計

15カ国との「RCEP協定」、食肉関係は輸入関税に変化なし

15カ国との「RCEP協定」、食肉関係は輸入関税に変化なし

 日本政府は15日、テレビ会議形式で行われた第4回RCEP首脳会議で「地域的な包括的経済連携(RCEP)協定」に署名した。同協定は中国や韓国、豪州およびニュージーランドのほか、シンガポールやタイ、ベトナムなどのASEAN10カ国など計15カ...
More

◆トレンド

豚枝肉相場は底堅い展開、輸入物は船便の遅れでタイトに

豚枝肉相場は底堅い展開、輸入物は船便の遅れでタイトに

 11月も半ばとなり、例年であれば、出荷頭数が増加してくる10月以降は年末の需要期を前に一旦、相場は緩んでいく時期。しかし、ことしはコロナにより内食需要が底堅く推移していることから、現在も相場は500円超えの展開が続いている。東京食肉市場の...
More

◆国内外の団体

全肉連など「11月29日はいい肉の日」キャンペーンを開始

全肉連など「11月29日はいい肉の日」キャンペーンを開始

 全国食肉事業協同組合連合会、JA全農などは「11月29日はいい肉の日」キャンペーンを13日から29日まで実施している。毎年8月、11月、2月にキャンペーンを実施してきたこともあり「肉の日」が浸透。今回も国産食肉のおいしさなどをPRし、国産...
More

◆製品

大容量タイプの「The GRANDアルトバイエルン」発売

大容量タイプの「The GRANDアルトバイエルン」発売

 伊藤ハムは、熟成が醸し出すコク、うまみが特長の「The GRANDアルトバイエルン」か ら、大容量タイプの「The GRAND アルトバイエルン 1,000g」を11月10日に発売した。 外食控えや節約志向の高まりにより、家庭で食事をする...
More
Return Top