食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

数字でみる食肉産業2020

年鑑

ちくさんフードフェアに11万7千人来場、万全な準備で大盛況

 「ちくさんフードフェア2017」と「ジャパンミートピア2017inかながわ」が7〜8日の両日、川崎市東扇島の日本食肉流通センターで開催された。初日は正午から天気が回復し、2日目は晴天に恵まれるなどで来場者は両日合わせて11万7千人となった(初日=5万2千人、2日目=6万5千人)
 フェアでは、センター内出店者(食肉卸)コーナーや畜産団体・地域物産コーナーに加え、家畜ふれあい牧場やリニューアルされたフェア一押し食肉バーベキューコーナーなどが設けられ、多くの来場者が週末の食肉祭りを楽しんだ。毎年懸念されているA棟・B棟(センター内出店者コーナー)の混雑については、誘導員を設置し入場側と退場側を明確にするなどの対策を行い、当日は来場者が安全に楽しむことができた。
 隣接している家畜ふれあいコーナーとフェア一押し食肉バーベキューコーナーには衛生面での問題が懸念されていたが、テントの配置を手洗い場近くに変更、特別スタッフによる消毒・殺菌の呼びかけ、入り口に消毒マットを配置しての靴裏の消毒など万全の体制で臨み、一押し食肉のコーナーでは長蛇の列ができ、開始前には定員いっぱいになるなど大盛況となった。

◆行政・統計

和牛肉等販売促進緊急対策事業、農水省が実施要領定める

和牛肉等販売促進緊急対策事業、農水省が実施要領定める

 農水省は、令和2年度補正予算により、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた和牛肉等の需要喚起を図るため、学校給食への提供や外食産業等への販売促進の取り組みを支援する「和牛肉等販売促進緊急対策事業」(予算額1,368億4千万円の内数)の事業...
More

◆トレンド

国産鶏肉高値を維持、緊急事態宣言解除も外食回復には時間

国産鶏肉高値を維持、緊急事態宣言解除も外食回復には時間

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除され、社会・経済活動が再開される動きにあるが、感染拡大のリスクと不安は残り、感染防止対策を講じた新しい生活様式や飲食店などの営業を含め、少しずつ進むとみられる。インバウンド需要も依然見...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

 丸大食品は、春季新商品として「燻製屋」シリーズからホワイトタイプのウインナー「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー ホワイト」を新発売するとともに、主力商品である「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー」でもリニューアルを行った。 「ホワイ...
More
Return Top