食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

肉用牛農場トップファームなどがGAP取得チャレンジシステム

 中央畜産会はこのほど、先月運用が始まった「GAP取得チャレンジシステム」について、取組農場の3農場を公表した。今回公表されたのはそれぞれ肉用牛農場で(株)トップファーム、サロマ牛肥育センター(株)、パシフィックファーム(株)。
 同システムは、畜産GAP認証取得準備段階の生産者がWEB上で生産工程の自己点検を行い、その内容を申請し中央畜産会が確認するもの。GAPの必要性を感じながらも、JGAP家畜畜産物やGLOBAL G・A・Pにいきなり取り組むのはハードルが高いなどといった生産者の声を受け止め稼働した。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の認めた畜産物調達基準を満たしており、申請内容が確認されれば、東京オリパラの調達基準を満たすことになる。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

牛モツ入り鍋スープなど、エスフーズが秋冬新商品発表

牛モツ入り鍋スープなど、エスフーズが秋冬新商品発表

 エスフーズはこのほど2021年秋冬の新製品・リニューアル商品を発表した。いずれも8月下旬から発売開始している。 新商品は「旨美鍋」(うまみなべ)シリーズ。同社の定番商品である「こてっちゃん牛もつ鍋」同様、具入りの鍋スープだが、このシリーズ...
More
Return Top