食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

数字でみる食肉産業2020
年鑑

肉用牛農場トップファームなどがGAP取得チャレンジシステム

 中央畜産会はこのほど、先月運用が始まった「GAP取得チャレンジシステム」について、取組農場の3農場を公表した。今回公表されたのはそれぞれ肉用牛農場で(株)トップファーム、サロマ牛肥育センター(株)、パシフィックファーム(株)。
 同システムは、畜産GAP認証取得準備段階の生産者がWEB上で生産工程の自己点検を行い、その内容を申請し中央畜産会が確認するもの。GAPの必要性を感じながらも、JGAP家畜畜産物やGLOBAL G・A・Pにいきなり取り組むのはハードルが高いなどといった生産者の声を受け止め稼働した。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の認めた畜産物調達基準を満たしており、申請内容が確認されれば、東京オリパラの調達基準を満たすことになる。

◆行政・統計

和牛肉等販売促進緊急対策事業、農水省が実施要領定める

和牛肉等販売促進緊急対策事業、農水省が実施要領定める

 農水省は、令和2年度補正予算により、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた和牛肉等の需要喚起を図るため、学校給食への提供や外食産業等への販売促進の取り組みを支援する「和牛肉等販売促進緊急対策事業」(予算額1,368億4千万円の内数)の事業...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

 丸大食品は、春季新商品として「燻製屋」シリーズからホワイトタイプのウインナー「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー ホワイト」を新発売するとともに、主力商品である「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー」でもリニューアルを行った。 「ホワイ...
More
Return Top