食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

和牛肥育期間で食べ比べ、全肉連が新需要モニタリングセミナー

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は6日、東京・港区のグランドニッコー東京台場で、平成29年度国産食肉等新需要創出緊急対策事業による「国産食肉新需要創出のためのモニタリング調査セミナー」を開催した。健康志向の高まりや赤身肉し好への変化など、従来の指標で消費者の国産食肉に対する情報を正確に捉えることがむずかしくなりつつあり、事業では国産食肉に対する消費者のし好変化の動向を捉え、国産食肉の新需要の創出を図ることを目的に、(1)全国の食肉の専門家の国産牛肉に対するし好性を把握するためのモニタリング調査(2)メタボローム解析を用いた科学的な検証—を進めている。
 セミナーでは、黒毛和牛の脂肪交雑以外の新たな肉質品質基準を検証するため、東京および大阪の司厨士協会を中心とした料理人を対象に、黒毛和牛の各部位(ロース、モモ)のし好モニタリング調査を実施。9月下旬の大阪での開催(既報)に続いて行われたもので、東京では全日本司厨士協会加盟のシェフ、食肉業界関係者など32人が参加した。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

CIPA日本支社にジェイムソン氏が赴任、仏産牛肉拡大図る

CIPA日本支社にジェイムソン氏が赴任、仏産牛肉拡大図る

 ヨーロッパ有数の食肉メーカーで、フランス食肉業界最大手であるBIGARDグループ傘下CIPA社の日本支社(CIPA JAPAN=東京都中央区新川)にこのほど、バンサイス.ジェイムソン氏(写真)が営業兼事業開発部長として赴任した。 BIGA...
More

◆製品

More
Return Top