食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

滝沢ハムがローストビーフ・ポーク専用のデリカ工場「翔」を竣工

 滝沢ハムのローストビーフ・ポーク専用デリカ工場「翔」(栃木市沼和田町65-9)の二期工事が完成し、9日に関係者を集めて竣工式・落成式・祝賀会が執り行われた。
 一期工事では、これまで別の工場で行ってきたローストビーフのスライスパック機能を移設し、ことし6月1日から稼働を開始。今回の二期工事ではローストビーフ・ポークの製造体制が整い、16日から稼働を開始する。ローストビーフの原木、そしてスライスパックを合わせて月間約300tを出荷する見込みで、将来的にはさらに生産量を拡大していきたい考え。同工場のローストビーフ製造工程においては温度管理など、加熱処理の全自動化を実現。安全・安心の担保に加え、安定した品質の製品を供給する。また、量販店や外食店などでは人手不足が慢性化しており、そのまま店頭に並べたり、提供することができるスライスパックに対する需要は非常に強いが、こうした要望に沿った提案を進めていく。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top