食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

日本食肉年鑑

兵庫県肉連が小売情報交換会

 兵庫県食肉事業協同組合連合会(平井力会長)は9月28日、神戸市中央区の兵庫県民会館で、小売情報交換会(委員長=後藤幸男・兵庫県立神戸商科大学名誉教授)を開催。県肉連らが兵庫県の担当者を交えて食肉における小売の販売状況などについて意見を交わすもので、今回は主に肉牛が減少する中、どのように食肉を販売していくかについて議論が集中した。

 平井力委員は「ブランド牛が400種類もあり、ブランドではなくなってきている。いまは結局おいしい肉が求められており、個人ブランドでも足りなくなってきているところはある」
 「例えば海外輸出で、『この農家の肉をもってきてほしい』といわれるようになってきており、個体識別番号が役立っている。ブランドの名前に甘えず、ブランドを絞り込んで掘り起こしていき、少数精鋭でやるべきだ」と強調。
 ブランドの活性化について「生産者に対して単に『つくってくれ』ではついてこない。出資をするなどして、業界と官とが一緒になって、ブランドをつくっていかなければならない」とした。
 そのほか、素材だけでなく付加価値のある加工、売り方を研究して総菜をつくるなどの工夫が必要だとした意見のほか、神戸ビーフに限らず和牛が高値となっていることから、消費者から「高くて買えない」といった声が上がっているとし、切り落としでステーキをつくるなど、商品開発が求められているとした。

◆行政・統計

0年牛と畜合計105万頭で前年比0.8%増、豚は2.3%増

0年牛と畜合計105万頭で前年比0.8%増、豚は2.3%増

 農水省まとめによる令和2年12月の食肉流通統計がこのほど公表され、2020年内の同統計が出そろった。本紙ではこれらをもとに、20年次(1〜12月累計)の牛.豚.馬肉の生産数量を試算した。 それによると、牛の合計と畜頭数は105万1,755...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

家庭内消費伸び微増を確保—昨年12月の食肉加工品生産量

家庭内消費伸び微増を確保—昨年12月の食肉加工品生産量

 日本ハム・ソーセージ工業協同組合はこのほど、令和2年12月分の食肉加工品生産量を発表した。それによると、全体の生産量は5万629t(前年同月比0.7%増)の微増となった。昨年後半は業務用の需要不振で、家庭消費が伸びているのに全体の生産量が...
More

◆製品

丸大食品、6月下旬に佐藤勇二氏が新代表取締役社長に就任

丸大食品、6月下旬に佐藤勇二氏が新代表取締役社長に就任

 丸大食品は22日、役員人事、組織変更を発表した。概要は次のとおり [代表取締役の異動](21年6月下旬予定)代表取締役社長(常務執行役員)佐藤勇二〈写真〉▽特別顧問(代表取締役社長)井上俊春〈※6月下旬開催予定の定時株主総会および同株主総...
More
Return Top