食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

兵庫県肉連が小売情報交換会

 兵庫県食肉事業協同組合連合会(平井力会長)は9月28日、神戸市中央区の兵庫県民会館で、小売情報交換会(委員長=後藤幸男・兵庫県立神戸商科大学名誉教授)を開催。県肉連らが兵庫県の担当者を交えて食肉における小売の販売状況などについて意見を交わすもので、今回は主に肉牛が減少する中、どのように食肉を販売していくかについて議論が集中した。

 平井力委員は「ブランド牛が400種類もあり、ブランドではなくなってきている。いまは結局おいしい肉が求められており、個人ブランドでも足りなくなってきているところはある」
 「例えば海外輸出で、『この農家の肉をもってきてほしい』といわれるようになってきており、個体識別番号が役立っている。ブランドの名前に甘えず、ブランドを絞り込んで掘り起こしていき、少数精鋭でやるべきだ」と強調。
 ブランドの活性化について「生産者に対して単に『つくってくれ』ではついてこない。出資をするなどして、業界と官とが一緒になって、ブランドをつくっていかなければならない」とした。
 そのほか、素材だけでなく付加価値のある加工、売り方を研究して総菜をつくるなどの工夫が必要だとした意見のほか、神戸ビーフに限らず和牛が高値となっていることから、消費者から「高くて買えない」といった声が上がっているとし、切り落としでステーキをつくるなど、商品開発が求められているとした。

◆行政・統計

肉牛・豚の経営体数5年前から2割超減—20年センサス

肉牛・豚の経営体数5年前から2割超減—20年センサス

 農水省はこのほど、2020年農林業センサス結果の概要(確定値)を取りまとめ、公表した。それによると、令和2年2月1日現在で、全国の肉用牛飼養経営体数は4万78経営体となり、5年前に比べ21.4%(1万896経営体)減、飼養頭数は225万8...
More

◆トレンド

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

 ゴールデンウイークを前に、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3度目の緊急事態宣言が発令され、外出自粛、飲食店の休業などの動きが強まり、ことしの連休も観光や行楽需要は見込めない。末端消費は巣ごもり消費を余儀なくされ、量販店向け主体の国産鶏肉の...
More

◆国内外の団体

[豚肉需給動向・3月]推定出回り量は前年比6.9%増

[豚肉需給動向・3月]推定出回り量は前年比6.9%増

 農畜産業振興機構が発表した3月分の豚肉需給動向によると、推定出回り量は15万5,103t(前年同月比6.9%増)と前年を上回った。このうち、国産品は8万2,627t(6.6%増)、輸入品は7万2,476t(7.2%増)と、ともに増加した。
More

◆製品

More
Return Top