食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

大阪市食肉市場畜魂祭

 大阪市食肉市場(株)(杉本正社長)、一般社団法人大阪市食肉市場協会(同代表理事)は9月22日、大阪市天王寺区の四天王寺本坊で畜魂祭を挙行した。関係者およそ500人が出席し、8万563頭の畜霊のめい福を祈った。
 畜魂祭は10時に開始され、入場した導師たちがはじめに全員で読経。導師が焼香を済ませたあと、祭主である杉本社長が祭主祭文として「人間が陰に陽に、他の生物の恩恵によって生活を営むことができ、その犠牲によって、生命をつないでいることを思いますれば、幾多の生物に対してなんと感謝し、いかに報謝してよいか、その方途に苦しむ。例えることのできぬ哀願の思いと、限りなき感謝の念。謹んで物故家畜諸霊に対し慶弔の意を表する」」と読み上げた。
 続いて吉村洋文市長(代読)から祭文が読み上げられたのち、各方からの電報が披露された。再度、読経が読み上げられ、祭主の焼香に続いて関係から順に焼香を行い、家畜諸霊のめい福を祈った。

◆行政・統計

CSF等対策本部、牛・鶏用の飼養衛生管理ステッカーを配布

CSF等対策本部、牛・鶏用の飼養衛生管理ステッカーを配布

 農水省は19日、省内で「農林水産省CSF・ASF防疫対策本部」を開催し、今後の対策を検討した。江藤農相は「昨年は、農家に飼養衛生管理基準を日々意識していただくためのステッカーを配布し大変評価を得たが、このほど、鶏や牛など他の畜産においても...
More

◆トレンド

【欧州食肉視察ツアーご案内】人口18万人の小さな街、サンセバスチャンは、なぜ美食世界一になれたのか?

【欧州食肉視察ツアーご案内】人口18万人の小さな街、サンセバスチャンは、なぜ美食...

スペイン屈指の“美食の街”「サンセバスチャン」。 たった30キロ圏内で世界で最も密度ある星の数(世界一ミシュランの星の数が集まっている)を誇るサンセバスチャン。 日本各地で「おらが村を日本のサンセバスチャンにしよう!計画」も進んでいるなど、...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

 マルイチ産商は、新たに会員制畜産ECサイト「信州ミートマーケット」を開設した。同社は、長野県内の畜産農家と共に信州発のブランド肉を生産し、子会社の加工場で鮮度の良い状態で冷凍加工。りんご入り醗酵飼料を与え、良質の霜降り、キレのある味わい、...
More
Return Top