食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

洗浄の効率化・省人化実現へ、(株)クレオが洗浄機導入を提案

 洗浄機のトップメーカー・クレオ(本社・東京都中央区)では、ミートワゴンやスモーク台など、食肉に関連するさまざまな洗浄機の導入を提案。導入によりムラのない洗浄を可能にし、効率化・省人化を実現する。
 洗浄については、「労力や手間(人員・工数)がかかり汚れ落ちにムラがある」「ワゴンが大きいために洗浄が大変」「使用水量が多い」などの悩みを抱えるユーザーも多い。同社ではこうした悩みに対し、専用の自動ワゴン洗浄機の使用を提案。セットしてスイッチを入れるだけで簡単に洗浄することができ、洗浄効率が向上する。また、閉鎖された洗浄機内で洗浄するので、高温、アルカリ洗浄が可能だ。洗浄性が改善し、ワゴンの外面も洗浄できる。

◆行政・統計

牛豚等疾病小委、飼養衛生管理基準の見直しについて議論

牛豚等疾病小委、飼養衛生管理基準の見直しについて議論

 食料・農業・農村政策審議会 家畜衛生部会第43回牛豚等疾病小委員会が21日、省内で開かれ、飼養衛生管理基準の見直しについて議論された。今回は定める内容の難易度や農家へ順守してもらうための表現方法のほか、猶予期間を設けるなど適用のスケジュー...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top