食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

フリーデンの歳暮ギフト、iTQiやDLGの受賞品を主力に

 「やまと豚」を前面に押し出して歳暮ギフトの品ぞろえに取り組む(株)フリーデンは、″口に含んだ瞬間、素材の良さが伝わる"をテーマに、″フリーデンのまごころギフト"を展開している。
 同社では、「まさに″知るひとぞ知るブランド"として高い支持を受けてきた当社のハム・ソーセージは、国内の自社牧場と提携牧場で丁寧に育て上げた『やまと豚』を原料にした品質とおいしさを訴求できる製品」という。
 「本場ドイツの伝統的な手づくり製法により手間と時間をかけてひと品ごとに丹念につくり上げているのが大きなポイント」とも。原料の『やまと豚』は、″食品のミシュランガイド"といわれる「iTQi」(国際味覚審査機構)で2015年から3年連続で「三ツ星」を受賞した。

◆行政・統計

牛豚等疾病小委、飼養衛生管理基準の見直しについて議論

牛豚等疾病小委、飼養衛生管理基準の見直しについて議論

 食料・農業・農村政策審議会 家畜衛生部会第43回牛豚等疾病小委員会が21日、省内で開かれ、飼養衛生管理基準の見直しについて議論された。今回は定める内容の難易度や農家へ順守してもらうための表現方法のほか、猶予期間を設けるなど適用のスケジュー...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top