食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

名古屋市場南部市場で都城和牛共励会、30周年記念式典も挙行

 平成29年度都城和牛共励会が27日、名古屋市港区の名古屋市中央卸売市場南部市場で開催された。第30回目の開催。共励会には宮崎県のブランド都城和牛30頭が出品され、厳正な審査の結果、最優秀賞にあたる都城市長賞は堀川秀一さんの出品牛(雌、格付A5、枝肉重量504.2kg、BMS NO.12)が選ばれ、表彰式終了後に開かれたせりでは単価5,003円で(株)宮田精肉店が落札した。また、ことし名古屋食肉市場(株)と出荷者である都城農業協同組合の取引が30周年の節目を迎えたことを受け、同日夕方からは名古屋市熱田区のサイプレイスガーデンホテルで記念式典が挙行された。

◆行政・統計

牛豚等疾病小委、飼養衛生管理基準の見直しについて議論

牛豚等疾病小委、飼養衛生管理基準の見直しについて議論

 食料・農業・農村政策審議会 家畜衛生部会第43回牛豚等疾病小委員会が21日、省内で開かれ、飼養衛生管理基準の見直しについて議論された。今回は定める内容の難易度や農家へ順守してもらうための表現方法のほか、猶予期間を設けるなど適用のスケジュー...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top