食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

CIPA社が日本支社開設、EPAなど見据え仏産食肉の拡大目ざす


 ヨーロッパ第3位の食肉メーカーで、フランスの食肉業界最大手であるBIGARDグループのCIPA社(ジャック・モロン代表)はこのほど、日本支社(CIPA JAPAN)を開設した。BIGARDグループはすでに日本の大手企業などとも豚肉をメインに取引を行っており、「SOCOPA」(ソコパ)ブランド等を展開。売り上げも伸びている。
 グループ企業であるCIPA社はフランス産の牛肉や豚肉に加え、水産品などの供給を行う食品総合商社。中国やインドなどに支社をもち、日本支社が世界5カ所目となる。今回、同社では日欧EPAの大筋合意などを受け、さらに日本市場を重要視。日本支社開設に踏み切った。このほど来日した同社のモロン代表は、日欧EPAについて「やっと実現するというのが実感。今後の日本市場開拓に向けて当然追い風になるだろう」と期待を寄せる。

◆行政・統計

More

◆トレンド

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

 ゴールデンウイークを前に、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3度目の緊急事態宣言が発令され、外出自粛、飲食店の休業などの動きが強まり、ことしの連休も観光や行楽需要は見込めない。末端消費は巣ごもり消費を余儀なくされ、量販店向け主体の国産鶏肉の...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top