食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

ブラジルの17/18年度とうもろこし第2期作は7・8%減の見込み


 ブラジル国家食糧供給公社(CONAB)は3月8日、2017/18年度(10月〜翌9月)6回目となる主要穀物の生産状況等調査結果を公表した。当該調査は、春植えの夏期作物(大豆、第1期作とうもろこしなど)と、秋植えの冬期作物(第2期作とうもろこし、小麦、大麦、ライ麦など)の生産予測を毎月公表するもので、今回の報告から、第2期作とうもろこしの生産予測が行われている。これによると、主要穀物の作付面積は前年度をわずかに上回るが、生産量はやや下回ると見込まれている。とうもろこしの生産量は、前年度比でかなりの減少が見込まれ、前回調査に引き続き9千万tを下回る予測となった。また、大豆の生産量も、単収の低下により前年度をわずかに下回るとしている。

◆行政・統計

玉城沖縄県知事が江藤農相にCSF感染拡大防止対策で要請

玉城沖縄県知事が江藤農相にCSF感染拡大防止対策で要請

 玉城デニー沖縄県知事は24日、農水省内で江藤農相にCSF感染拡大防止対策で要請した。要請では(1)CSFの発生原因、感染経路の解明(2)ワクチンの必要量の確保(3)獣医師の確保(4)発生農場の経営再建に向けた支援(5)風評被害防止対策の5...
More

◆トレンド

外食アワード2019の表彰式、叙々苑の新井会長は感謝表す

外食アワード2019の表彰式、叙々苑の新井会長は感謝表す

 外食産業関連で弊社も加盟する外食産業記者会は22日、既報でも触れた「外食アワード2019」(特別協賛=焼肉ビジネスフェア事務局、居酒屋JAPAN事務局)の表彰式を、東京・豊島区で開催された焼肉ビジネスフェア・居酒屋JAPAN2020東京会...
More

◆国内外の団体

東京食肉市場関係団体合同の新年懇親会、約300人が新年祝う

東京食肉市場関係団体合同の新年懇親会、約300人が新年祝う

 一般(社)東京食肉市場協会(小川一夫会長)など東京食肉市場関係団体は22日、東京・千代田区の東京會舘に約300人の関係者を集め、合同で新年懇親会を開催した。 はじめに協会役員が登壇して紹介された後、主催者を代表して小川会長があいさつ。小川...
More

◆製品

More
Return Top