食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

ブラジルの17/18年度とうもろこし第2期作は7・8%減の見込み


 ブラジル国家食糧供給公社(CONAB)は3月8日、2017/18年度(10月〜翌9月)6回目となる主要穀物の生産状況等調査結果を公表した。当該調査は、春植えの夏期作物(大豆、第1期作とうもろこしなど)と、秋植えの冬期作物(第2期作とうもろこし、小麦、大麦、ライ麦など)の生産予測を毎月公表するもので、今回の報告から、第2期作とうもろこしの生産予測が行われている。これによると、主要穀物の作付面積は前年度をわずかに上回るが、生産量はやや下回ると見込まれている。とうもろこしの生産量は、前年度比でかなりの減少が見込まれ、前回調査に引き続き9千万tを下回る予測となった。また、大豆の生産量も、単収の低下により前年度をわずかに下回るとしている。

◆行政・統計

家畜衛生部会でハンガリー産豚肉輸入について答申—農水省

家畜衛生部会でハンガリー産豚肉輸入について答申—農水省

 農水省は27日、食料・農業・農村政策審議会第48回家畜衛生部会を開催。ASFのゾーニング(地域主義)を適用したハンガリーからの生鮮豚肉の輸入再開について答申し、同国が行うASFの措置だけでなく、適切な上乗せのリスク管理措置を科すことで、ゾ...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

ニチレイ「純和鶏」、持続可能な特色JAS鶏肉認定第1号に

ニチレイ「純和鶏」、持続可能な特色JAS鶏肉認定第1号に

 ニチレイフレッシュは23日、国産鶏種普及を目的に生産資源の循環などに持続性(サスティナビリティー)とアニマルウェルフェアを考慮した新たなJAS規格「持続可能性に配慮した鶏肉(=持続可能な特色JAS鶏肉)」の第1号として「純国産鶏種 純和鶏...
More
Return Top