食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

銘柄食肉コンテストの最優秀賞、豚は京丹波ぽーく、鶏は南国元気鶏に


 食肉産業展(東京ビッグサイト)の特別イベント「銘柄食肉好感度コンテスト」の表彰式が13日、同会場で行われた。審査の結果、第16回銘柄ポーク好感度コンテストでは岸本畜産の「京丹波ぽーく」、第14回地鶏・銘柄鶏好感度コンテストではマルイ食品の「南国元気鶏」が、それぞれ最優秀賞の栄冠に輝いた。
 主催者を代表し、関川和孝・食肉産業展実行委員長があいさつし、国産食肉について安全・安心、品質の要求が高まる中で高いレベルの食肉を出品した受賞者の栄誉をたたえた。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top