食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

銘柄食肉コンテストの最優秀賞、豚は京丹波ぽーく、鶏は南国元気鶏に


 食肉産業展(東京ビッグサイト)の特別イベント「銘柄食肉好感度コンテスト」の表彰式が13日、同会場で行われた。審査の結果、第16回銘柄ポーク好感度コンテストでは岸本畜産の「京丹波ぽーく」、第14回地鶏・銘柄鶏好感度コンテストではマルイ食品の「南国元気鶏」が、それぞれ最優秀賞の栄冠に輝いた。
 主催者を代表し、関川和孝・食肉産業展実行委員長があいさつし、国産食肉について安全・安心、品質の要求が高まる中で高いレベルの食肉を出品した受賞者の栄誉をたたえた。

◆行政・統計

More

◆トレンド

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

 ゴールデンウイークを前に、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3度目の緊急事態宣言が発令され、外出自粛、飲食店の休業などの動きが強まり、ことしの連休も観光や行楽需要は見込めない。末端消費は巣ごもり消費を余儀なくされ、量販店向け主体の国産鶏肉の...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top