食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

今期から中期経営計画2020スタート—日本ハム・畑社長会見


 日本ハムは、10日に平成30年3月期決算を発表し、同日、大阪市北区の同社本社で決算会見を開催した。会見には同社の畑佳秀社長、井上勝美代表取締役副社長食肉事業本部長、大社啓二取締役専務執行役員海外事業本部長、板東冠治常務執行役員関連企業本部長、井川伸久常務執行役員加工事業本部長、小田信夫執行役員経営企画部長、片岡雅史執行役員コミュニケーション戦略本部コミュニケーション部長らが出席し、今期決算概要などについて説明した。このうち畑社長のあいさつ要旨は次のとおり。
 全体として、一部原材料価格の高騰とか、人手不足による人件費コスト、物流費コストなどにより非常に厳しい経営環境が続いた。中期経営計画パート5との比較においてはどうだったかというと、売上高は1兆3千億円の計画で1兆2,692億円となり、テキサスファームの売却などもあり未達に終わった。営業利益については520億円に対して492億円で、前年は538億円と上回ったのだが、今期は届かなかった。税引前利益、当期純利益については当初の計画を上回ったのだが、一つには旧兵庫工場の跡地を売却したことと、大谷選手の移籍金があったことで何とか計画を達成した。

 【詳細は食肉速報に掲載】

◆行政・統計

食肉販売業の振興指針改正、コロナやHACCP対応追加—厚労省

食肉販売業の振興指針改正、コロナやHACCP対応追加—厚労省

 厚労省はこのほど、食肉販売業の振興指針を改正した。これは、食肉小売店など食肉販売業の営業者が食品衛生法などの衛生規制に的確に対応しつつ、現下の諸課題にも適切に対応し、経営の安定および改善を図るため、生衛法に基づき定めているもの。営業者、生...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

京都市食肉青年会が第65回定期総会、新会長に尾崎星二氏を選出

京都市食肉青年会が第65回定期総会、新会長に尾崎星二氏を選出

 京都市食肉青年会(酒井啓全会長)は14日、京都市中京区の京都ホテルオークラで第65回定期総会を開催。令和3年度事業計画案など上程全議案を原案どおり可決し、任期満了に伴う役員改選では尾崎星二氏を新会長に選出した。 総会は木村駿友幹事長の司会...
More

◆製品

More
Return Top