食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

年鑑

第22回世界食肉会議が米国ダラスで開催、自由貿易の推進など議論

 2年に一度、畜産・食肉業界に多大な影響を及ぼす重要課題などについて各分野の専門家らが議論する「第22回世界食肉会議」が5月30日〜6月1日の3日間、米国テキサス州のダラスで開かれた。パリに事務局を置く国際食肉事務局(IMS)と米国食肉輸出連合会(USMEF)が共催し、世界各国から業界関係者ら750人以上が出席、日本からも約60人が会議に参加し、示唆に富む専門家らの意見に耳を傾けた。
 会議のメインテーマは「貿易を信じる」。大国間の保護主義が台頭する中、司会役を務めたUSMEFのフィリップ・セング名誉会長は冒頭、「保護主義は農業の敵だ」と強調。「貿易は米国のみならず世界各国の業界にとって非常に重要なテーマ。自由貿易はより良い世界をつくる原動力で、それにはルールに乗っとった公平な競争、協力、コミュニケーションの3つの(頭文字をとった)『C』が重要だ」と訴えた。

◆行政・統計

鳥インフル9例目が福岡県で、香川県以外ではことし初の発生

鳥インフル9例目が福岡県で、香川県以外ではことし初の発生

 農水省は25日、福岡県宗像市の肉用養鶏農場(約9.4万羽)でことし国内9例目の高病原性鳥インフルエンザ疑似患畜の確認を公表した。24日に死亡鶏が増加した通報を受け、福岡県が同農場に対し移動の自粛陽性と立入検査を実施。同日にインフルエンザ簡...
More

◆トレンド

鶏肉需給ひっ迫、冷凍在庫不足に加え鳥インフル影響懸念

鶏肉需給ひっ迫、冷凍在庫不足に加え鳥インフル影響懸念

 新型コロナウイルスの感染拡大が全国的に再び加速し、急速に社会的な不安と警戒感が強まってきた。国のGoToキャンペーンで飲食店は少しずつ活気を取り戻し、年末に向け期待感は高まっていたが、忘年会を含め外食需要は再び厳しい状況が見込まれる。内食...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

大容量タイプの「The GRANDアルトバイエルン」発売

大容量タイプの「The GRANDアルトバイエルン」発売

 伊藤ハムは、熟成が醸し出すコク、うまみが特長の「The GRANDアルトバイエルン」か ら、大容量タイプの「The GRAND アルトバイエルン 1,000g」を11月10日に発売した。 外食控えや節約志向の高まりにより、家庭で食事をする...
More
Return Top