食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

ブラジル鶏肉・豚肉業界、トラック業界によるストライキで打撃


 ブラジルで5月21日から発生した、燃油価格の急上昇に抗議するトラック運転手のストライキにより、畜産業界に大きな被害が出ている。トラック業界によるストライキは以前から行われていたが、今回は規模が大きく、主要輸出港であるサントス港やパラナグア港へと通じる道路を中心に、23州の主要幹線道路が閉鎖された。このため、鶏肉、豚肉ともにブラジル国内第3位の生産企業であるAURORA社は、生産した鶏肉および豚肉のほとんどを出荷できない状況となった。5万tとされる保管能力の限界に達したことから、多くの主要工場が立地するサンタカタリーナ州をはじめとした4州15工場を、5月24日、25日の2日間にわたって稼働停止にすると発表した。今回の停止により、ブロイラー200万羽、豚4万頭が処理できないとしている。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

 日本ハムは1日、商品規格変更および価格改定を発表。2022年10月1日から一部商品の規格変更および納品価格改定を実施する。 同社はことし2月1日から、ハム・ソーセージや加工食品など家庭向け商品、業務用商品、冷凍食品の一部において商品規格変...
More
Return Top