食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

豪州の穀物の生産見通し、冬作物の作付減も生産量は前年並みか


 豪州農業資源経済科学局(ABARES)はこのほど、2018/19年度(7月〜翌6月)冬作物の生産予測と、17/18年度夏作物の生産予測の見直しを行った。なお本発表の段階では、18/19年度の冬作物は播種をほぼ終えた、17/18年度の夏作物は収穫を終えたところである。
 冬作物については、作付面積は主要な穀物生産地域で乾燥した天候が続いていることから、2,114万8千ha(前年度4・3%減)とわずかに減少する見込みとなった。しかし、小麦の最大の生産地域である西オーストラリア州(WA)において、向こう3カ月の天候が良好に推移し単収の向上が見込まれることなどから、生産量は3,767万6千t(0.4%減)と、ほぼ前年度並みになると見込まれている。

◆行政・統計

More

◆トレンド

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆国内外の団体

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆製品

More
Return Top