食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

豪州の穀物の生産見通し、冬作物の作付減も生産量は前年並みか


 豪州農業資源経済科学局(ABARES)はこのほど、2018/19年度(7月〜翌6月)冬作物の生産予測と、17/18年度夏作物の生産予測の見直しを行った。なお本発表の段階では、18/19年度の冬作物は播種をほぼ終えた、17/18年度の夏作物は収穫を終えたところである。
 冬作物については、作付面積は主要な穀物生産地域で乾燥した天候が続いていることから、2,114万8千ha(前年度4・3%減)とわずかに減少する見込みとなった。しかし、小麦の最大の生産地域である西オーストラリア州(WA)において、向こう3カ月の天候が良好に推移し単収の向上が見込まれることなどから、生産量は3,767万6千t(0.4%減)と、ほぼ前年度並みになると見込まれている。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top