食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

日本食肉年鑑

東京市場全共、名誉賞は単価1万6,185円で丸富商店購買


 東京食肉市場で年に一度の一大イベントである平成30年度全国肉用牛枝肉共励会が23〜26日にかけて開催され、厳正なる審査の結果、名誉賞には山口県の(株)福嶋牧場が出品した黒毛和種去勢牛(父・幸紀雄、母の父・安福久)が輝き、激しいせり合いにより(株)丸富商店が枝肉単価1万6,185円で購買した。
 ことしは全国27都道府県から、第1部は交雑種去勢牛70頭、第2部は和牛去勢牛270頭、第3部は和牛雌牛160頭、合計500頭が出品。名誉賞牛の格付はA5(BMS No.12)、枝肉重量は572kg、ロースしん面積132平方cm、バラの厚さ10.5㎝で「ロースしんが充実し、肉色、光沢に優れた無駄のない名誉賞にふさわしい素晴らしい枝肉」と評された。

◆行政・統計

[畜産物卸売価格・12月]和牛去勢A4価格は前年月比362円高

[畜産物卸売価格・12月]和牛去勢A4価格は前年月比362円高

 農水省食肉鶏卵課がまとめた昨年12月の畜産物卸売価格の推移(13面参考、食肉速報に掲載)によると、豚の全国と畜頭数(速報値)は145万900頭(前年同月比1.9%減)となった。豚肉「極上」「上」の価格は東京が535円(25円高)、大阪が5...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

全肉連が22日から「2月9日はお肉の日」キャンペーン展開

全肉連が22日から「2月9日はお肉の日」キャンペーン展開

 11都府県で新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が再発令される中、家庭での食肉消費の需要喚起に向け、全国食肉事業協同組合連合会およびJA全農などは1月22日から2月11日まで「2月9日はお肉の日」キャンペーンを展開する。全肉連は、...
More

◆製品

More
Return Top