食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

松阪肉牛共進会で朝日屋が優秀賞1席を2,510万円で落札


 松阪牛の年間女王を決める大会「第69回松阪肉牛共進会」が、11月25日午前7時から三重県松阪市の松阪農業公園ベルファームで開催された。平成最後の開催である今大会では、予選を勝ち抜いた50頭の特産松阪牛(兵庫県で生産された子牛を900日以上肥育した松阪牛)が審査され、午後からは会場いっぱいの来場者が見守る中、活気に満ちたせりが行われた。出場した50頭を選抜するにあたり開かれた予選会には100頭を超える特産松阪牛が出品され、審査を通過した生体が、本選でさらなる厳しい審査に臨んだ。その中で、松阪牛の頂点となる優秀賞1席に輝いたのは、中村一昭さん出品の「さとり」号(父牛「丸宮土井」、体重682kg、肥育日数1,042日)で、三重県津市の朝日屋(香田佳永社長)が2,510万円の最高値で落札した。朝日屋の1席牛落札は27年連続で通算37回となった。また、朝日屋は19頭を買い受け、最多購買となった。

◆行政・統計

豚熱対策は飼養衛生管理と早期通報の徹底が重要—野上農相

豚熱対策は飼養衛生管理と早期通報の徹底が重要—野上農相

 野上浩太郎農水大臣は、20日の閣議後会見で、豚熱発生の要因や対策などについて問われ「まずは、まん延防止の観点から迅速かつ適切な防疫措置に向け、現在栃木県と連携を密にして、国の職員らのリエゾン(連絡員)や防疫作業員としての派遣、資機材の供給...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top