食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

MLAプロジェクションセミナー、約250人が来場


 MLA豪州食肉家畜生産者事業団は13日、千葉市美浜区のホテルニューオータニ幕張で「2019年MLAプロジェクションセミナー」を開催。関係者約250人が参集した。セミナーでは、MLAアナリストのティム・ライアン氏が最新の豪州産牛肉・羊肉の産業予測について説明し、アンドリュー・コックス駐日代表が日本でのプロモーション活動を紹介した。
 ティム氏は「2019年は干ばつの再来により牛群が減少し、生産量は減少が予想される。そうした中でグレインフェッドが記録的な増加をみせており、品質に関しては改善されている。輸出実績は供給と連動しており、2019年の輸出量は減少と予測。最大の市場である対日輸出は成長しており、輸出部位についても加工用牛肉を含めより多様化している。また、牛肉には世界的に強い需要があり、中国などアジアがそれをけん引している。活発な貿易環境や世界のリスクは増大しているが、強い需要が価格を下支えしている。羊肉についても世界的に供給が不足し、需給はひっ迫している。日本は羊肉輸出先としても重要な市場だ」とした。

◆行政・統計

More

◆トレンド

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

 ゴールデンウイークを前に、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3度目の緊急事態宣言が発令され、外出自粛、飲食店の休業などの動きが強まり、ことしの連休も観光や行楽需要は見込めない。末端消費は巣ごもり消費を余儀なくされ、量販店向け主体の国産鶏肉の...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top