食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

東京市場全共、名誉賞は過去最高の単価2万7,001円でふじなわ落札

 東京食肉市場で年に1度の一大イベントである令和元年度全国肉用牛枝肉共励会が10月29〜11月1日にかけて開催され、厳正なる審査の結果、名誉賞には宮城県の(株)川口ファームが出品した黒毛和種去勢牛(父「第1花国」母の父「安福久」が輝き、同共励会史上過去最高のキロ単価2万7,001円で(株)ふじなわがせり落とした。
 同賞のせりは前半からヒートアップし激しいせり合いが繰り広げられ、キロ単価2万円を超えても勢いが止まらず上昇。2万5千円を超えるとせり場もどよめき、過去最高のせり値を記録した。
 ことしは全国25都道府県から、第1部は交雑種去勢牛74頭、第2部は和牛去勢牛262頭、第3部は和牛雌牛164頭の合計500頭を出品。名誉賞牛の格付はA5(BMS No.12)、枝肉重量は603kg、ロースしん面積118平方cm、バラの厚さ9.0cmで「肉質が素晴らしく、ロースしん面積も充実。全体のレベルが非常に高くて、まさに名誉賞にふさわしい枝肉だった」と評された。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

 厚労省は15日、スペイン産牛肉等について、食品安全委員会の食品健康影響評価結果を踏まえたスペイン政府との協議などが終了しため、同日付で、輸入手続きを再開すると発表した。対日輸出条件は月齢制限について30カ月齢以下とする。対日輸出が認められ...
More

◆製品

More
Return Top