食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

全肉連がHACCP指導者育成セミナー、全農MF・菊池氏が講演

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、平成31年度食肉流通HACCPシステム普及推進事業による「HACCP指導者育成セミナー」を4日、東京・港区のTKP品川カンファレンスセンターで開催した。当日は、全国の各道府県肉連の担当者が参集する中、JA全農ミートフーズ(株)の菊池孝治取締役が「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」をテーマに講演した。
 全肉連では、各地域で食肉販売業向けと小規模な食肉処理業向けの「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書」の内容などを説明し普及に努めているところ。手引書は、日ごろの衛生管理についてまずは記録することを主眼とし、作業負担をできる限りなくすために問題があった場合にのみチェックするよう記録様式の簡素化を図るとともに、それにより問題点を明確化し、各店舗で改善に取り組み着実に衛生管理に取り組んでいけるようにしたことが一番のポイント。菊池氏は、同事業のマニュアル作成専門委員会の委員として手引書作成に携わり、現場での経験からこの記録様式を提案し、さらに現在検討中の大規模な食肉処理業を対象にしたコーデックスガイドラインに基づく、いわゆるA基準の手引書の草案も手がけた。そうした菊池氏に、改めて衛生管理の基礎と手引書について説明してもらい、各地域でのHACCPの考え方を取り入れた衛生管理の普及に加え、さらなる現場でのステップアップにつなげていくために行ったもの。冒頭、主催者を代表し河原会長があいさつし「菊池氏はHACCPについて大変詳しく、講演をよくきいて現場にもちかえって伝えていってほしい」と述べた。

◆行政・統計

7月豪雨被害状況、農林水産関係全体の被害は159億9千万円

7月豪雨被害状況、農林水産関係全体の被害は159億9千万円

 農水省の13日午後2時現在の7月豪雨に関する被害状況によると、農林水産関係全体の被害は159億9千万円となっている。 家畜は愛知、佐賀、熊本、大分、鹿児島で被害があり、すべての畜種あわせて10万5,143頭・羽、被害額は1.1億円にのぼっ...
More

◆トレンド

[牛肉マーケット]昨年同時期の在庫量と比べ5〜10倍に

[牛肉マーケット]昨年同時期の在庫量と比べ5〜10倍に

 新型コロナウイルス感染症に伴い、インバウンド需要が減少、また外出自粛による外食店利用の減少などを受けて、牛枝肉相場が暴落した。これを受けて、和牛肉の余剰在庫の保管・販売経費の助成として「和牛肉保管在庫支援緊急対策事業」を農畜産業振興機構が...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

フリーデンの「やまと豚」がITIで6年連続「三ツ星」を受賞

フリーデンの「やまと豚」がITIで6年連続「三ツ星」を受賞

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する(株)フリーデンは、ことし春にベルギーで開催されたITI(国際味覚審査機構)2020年度審査会に自社農場で生産した「やまと豚」をエントリー。世界の一流シェフやソムリエの中から厳選...
More
Return Top