食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

南部市場出荷団体協が肉牛枝肉共励会、宮崎県の福留勝徳さんが市長賞

 南部市場出荷団体協議会(会長=窪田昌直・名古屋食肉市場(株)社長)は9日、名古屋市港区の名古屋市中央卸売市場南部市場で令和元年度第2回肉牛枝肉共励会を開催した。
 和牛111頭(雌51頭、去勢60頭)、交雑牛39頭(雌25頭、去勢14頭)の計150頭が出品され、厳正な審査の結果、最優秀賞にあたる名古屋市長賞には宮崎県の福留勝徳さんの出品牛(都城和牛、雌、格付A5、枝肉重量451.0kg、BMS No.12)が選ばれ、せりでは合資会社関屋精肉店がキロ単価3,701円で落札した。
 表彰式では窪田会長が「当市場は都市部の卸で多様化するニーズにこたえるべく努めている。生産者の方がたには引き続き積極的な出荷をお願いしたい。明るい材料としては中国への肉牛輸出が20年ぶりに解禁する方向にあり、われわれも情報収集をしっかり行ってまいりたい。また、引き続き販売強化にも努めていく」とあいさつ。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

 国産純粋種豚改良協議会はこのほど、同協議会認定銘柄豚ロゴマークのデザインを発表した。この認定は純粋種豚の能力向上と普及促進のため、同協議会会員が日本において改良を行い、血統を明確に管理した種豚を使って生産された豚肉に与えられるもの。 昨年...
More

◆製品

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する(株)フリーデンはこのほど、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現した。同社はSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みを積極的に推進している。中でも「食品ロス削減」の課題に...
More
Return Top