食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

山形の保育園で「おにくの食育」、クイズと体操で楽しく元気に

 山形県食肉事業協同組合連合会(吉田昌弘会長)と、全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は24日、同県の山形南保育園で「みんなで学ぼう!『おにくの食育』教室」を開催した。全肉連が昨年度開設した食育サイト「おにくらぶ」でも人気のお肉をテーマにした体操「おにくらぶ たいそう」や、楽しみながら学ぶ「おにクイズ」などを幼児教育や保育の現場で行い、未来の日本の食卓を支える幼児たちに楽しみながら食肉について学んでもらい、「いただきます」「ごちそうさま」など〝食〟への感謝の気持ちの大切さを伝えることを目的に実施し、昨年11月の宮崎県での開催に続き、東日本で初のイベントとして行った。
 東日本を代表する畜産県である山形県は、「総称 山形牛」をはじめブランド力が高く、また県肉連独自で養護学校などで絵本の読みきかせや山形牛の試食提供などを実施し、昨年度は山形市内の全小学校へ「お肉が食卓に届くまで」のデジダル紙芝居を寄贈するなど、従来から食育活動に熱心に取り組んできた実績を踏まえ開催したもの。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

 家畜改良センターが発表した3月末の全国牛個体識別記録によると、全国の飼養頭数は398万7,282頭(前年同月比1.1%増)で増加となり、前月比では5,926頭増加した。 品種別にみると、黒毛和種は計174万3,725頭(1.3%増)と前年...
More

◆国内外の団体

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

 農畜産業振興機構はこのほど「食肉販売動向調査結果」(2022年度上半期)を発表した。年2回実施されているアンケート調査で、卸売業者、小売業者(量販店、食肉専門店)に食肉の取り扱いや販売見通しをきいたもの。今回は21年度下半期(21年10月...
More

◆製品

More
Return Top