食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

伊藤ハムと三菱商事ライフサイエンスが新会社設立しエキス製造

 伊藤ハム三菱商事ライフサイエンス(株)との共同出資により、畜肉エキスおよび調味料製品の製造会社「九州エキス株式会社」(本社=鹿児島県曽於郡大崎町、鳥居研志社長)を2019年11月1日に設立。またことし1月29日には大崎町と九州エキスの間で立地協定調印を行った。九州エキスは30億円を投じて、大崎町に4月から新工場を建設、21年4月の稼働を予定している。
 九州エキス新工場は、伊藤ハムグループ会社の隣接地に建設する。近隣の食肉加工場から新鮮な国産の生原料(牛・豚・鶏など)を調達して加工し、付加価値の高い商品の製造を実現する。製造品目は畜肉エキス(加塩濃縮品、冷凍品)、調味料製品(タレつゆ、ソース、ラーメンスープなど)の加工用・業務用向け原料製品である。伝統的なエキス製造技術をさらに進化させ、原材料調達からお客への出荷まで「フードチェーン」の考え方をベースとした品質管理システムや新技術を積極的に採用する。また、地域の畜産資源に付加価値を与えるとともに、地域の雇用創出にも寄与する。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

 家畜改良センターが発表した3月末の全国牛個体識別記録によると、全国の飼養頭数は398万7,282頭(前年同月比1.1%増)で増加となり、前月比では5,926頭増加した。 品種別にみると、黒毛和種は計174万3,725頭(1.3%増)と前年...
More

◆国内外の団体

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

 農畜産業振興機構はこのほど「食肉販売動向調査結果」(2022年度上半期)を発表した。年2回実施されているアンケート調査で、卸売業者、小売業者(量販店、食肉専門店)に食肉の取り扱いや販売見通しをきいたもの。今回は21年度下半期(21年10月...
More

◆製品

More
Return Top