食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

年鑑

「仙台牛」の集い、約400人の関係者が参加し盛大に開催

 仙台牛銘柄推進協議会(村井嘉浩会長=宮城県知事)は27日、仙台市の江陽グランドホテルで第27回「仙台牛」の集いを開催。会場には約400人の関係者が参加した。第一部の講演会では、JA全農ミートフーズ(株)東日本営業本部市場課技術主幹の冨谷尚博氏が「稲ワラ不足時の飼養管理について」、宮城県農政部畜産課生産振興班技術主査の佐沢公子氏が「畜産GAPについて」、それぞれ講演を行った。
 第二部の「仙台牛特別賞味会」では、村井会長(写真)が「当協議会は昨年、設立40周年を迎えた。これもひとえに生産、市場、流通、販売を支える業界関係者の努力の賜物だ。また、昨年はこれまで宮城の和牛をけん引してきた茂洋号が老衰により生涯を閉じた。非常に残念ではあるが、後継牛が多数おり、これらの種雄牛を活用し、仙台牛のブランド力向上にさらに努めていきたい。一方、畜産業を取り巻く環境はTPP11、日欧EPA、日米貿易協定の発効など大きな転換期を迎え、先行きが見通せない状況にあるが、当協議会としては仙台牛のさらなる消費拡大、銘柄確立に向けて、仙台牛の集いin Tokyoや10月9日の″仙台牛の日"イベントの開催、また新たに作成した仙台牛のPR動画を紹介するなど、首都圏でのさまざまな販売促進活動を進めてきた。今後も仙台牛の一層の評価向上と消費拡大に努めていくので、引き続きご支援とご協力を賜りたい」とあいさつ。

◆行政・統計

輸出の取り組みに対する投資促進の方向性取りまとめ—農水省

輸出の取り組みに対する投資促進の方向性取りまとめ—農水省

 農水省は25日、このほど開催した「農林水産物・食品の輸出等への投資の促進に関する検討会(第2回)」の議論を踏まえ、「農林水産物・食品の輸出等の取組に対する投資の促進に係る基本方向」を取りまとめた。 同検討会は農林漁業および関連産業における...
More

◆トレンド

鶏肉需給ひっ迫、冷凍在庫不足に加え鳥インフル影響懸念

鶏肉需給ひっ迫、冷凍在庫不足に加え鳥インフル影響懸念

 新型コロナウイルスの感染拡大が全国的に再び加速し、急速に社会的な不安と警戒感が強まってきた。国のGoToキャンペーンで飲食店は少しずつ活気を取り戻し、年末に向け期待感は高まっていたが、忘年会を含め外食需要は再び厳しい状況が見込まれる。内食...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

スターゼンが東北地区アウトパック拠点、多賀城PC竣工

スターゼンが東北地区アウトパック拠点、多賀城PC竣工

 スターゼンは、宮城県多賀城市にアウトパック拠点として多賀城PCを新設し25日、竣工した。食肉流通業界では、バックヤードの負担軽減や簡便ニーズの高まりに応じてアウトパック需要が拡大しており、国内で5拠点目のプロセスセンターとして設立したもの...
More
Return Top