食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

数字でみる食肉産業2020

年鑑

「仙台牛」の集い、約400人の関係者が参加し盛大に開催

 仙台牛銘柄推進協議会(村井嘉浩会長=宮城県知事)は27日、仙台市の江陽グランドホテルで第27回「仙台牛」の集いを開催。会場には約400人の関係者が参加した。第一部の講演会では、JA全農ミートフーズ(株)東日本営業本部市場課技術主幹の冨谷尚博氏が「稲ワラ不足時の飼養管理について」、宮城県農政部畜産課生産振興班技術主査の佐沢公子氏が「畜産GAPについて」、それぞれ講演を行った。
 第二部の「仙台牛特別賞味会」では、村井会長(写真)が「当協議会は昨年、設立40周年を迎えた。これもひとえに生産、市場、流通、販売を支える業界関係者の努力の賜物だ。また、昨年はこれまで宮城の和牛をけん引してきた茂洋号が老衰により生涯を閉じた。非常に残念ではあるが、後継牛が多数おり、これらの種雄牛を活用し、仙台牛のブランド力向上にさらに努めていきたい。一方、畜産業を取り巻く環境はTPP11、日欧EPA、日米貿易協定の発効など大きな転換期を迎え、先行きが見通せない状況にあるが、当協議会としては仙台牛のさらなる消費拡大、銘柄確立に向けて、仙台牛の集いin Tokyoや10月9日の″仙台牛の日"イベントの開催、また新たに作成した仙台牛のPR動画を紹介するなど、首都圏でのさまざまな販売促進活動を進めてきた。今後も仙台牛の一層の評価向上と消費拡大に努めていくので、引き続きご支援とご協力を賜りたい」とあいさつ。

◆行政・統計

和牛肉等販売促進緊急対策事業、農水省が実施要領定める

和牛肉等販売促進緊急対策事業、農水省が実施要領定める

 農水省は、令和2年度補正予算により、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた和牛肉等の需要喚起を図るため、学校給食への提供や外食産業等への販売促進の取り組みを支援する「和牛肉等販売促進緊急対策事業」(予算額1,368億4千万円の内数)の事業...
More

◆トレンド

国産鶏肉高値を維持、緊急事態宣言解除も外食回復には時間

国産鶏肉高値を維持、緊急事態宣言解除も外食回復には時間

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除され、社会・経済活動が再開される動きにあるが、感染拡大のリスクと不安は残り、感染防止対策を講じた新しい生活様式や飲食店などの営業を含め、少しずつ進むとみられる。インバウンド需要も依然見...
More

◆国内外の団体

全肉連が総会、新型コロナ対策に注力、HACCP事業更新

全肉連が総会、新型コロナ対策に注力、HACCP事業更新

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、令和2年度通常総会を5月29日、書面決議により開催し、事業報告や事業計画などの議案を原案どおり承認した。任期満了に伴う役員改選では、計21人の理事および3人の監事を選出。正副会長など役付き理事...
More

◆製品

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

 丸大食品は、春季新商品として「燻製屋」シリーズからホワイトタイプのウインナー「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー ホワイト」を新発売するとともに、主力商品である「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー」でもリニューアルを行った。 「ホワイ...
More
Return Top