食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

神戸ビーフの地区別対決、西播地区が2連覇果たす

 「神戸ビーフ」の生産地別対抗戦として年に1度開催される第11回兵庫県地域ブランド牛枝肉共励会が7日、加古川食肉地方卸売市場で開催された。55頭(雌14頭、去勢41頭)が出品され、団体優勝は「プレミアム姫路和牛」を擁する西播地区が2連覇を達成した。また、個人の最優秀賞には但馬地区の太田克典さん出品牛を選出した。せりでは同牛をキロあたり5,100円でグループの(有)太田家が買い受けた。
 兵庫県が誇るブランド牛・神戸ビーフ(但馬牛)は、その肥育地域ごとに「淡路ビーフ」「三田肉」「加古川和牛」などの地域ブランドが存在しており年に1度、それら10地区の地域ブランド牛と、肉牛肥育を行う県内農業学校3校合同チームを合わせた11区で出来栄えを競うのがこの共励会。地区ごとの出品牛のBMS平均で団体優勝を決めるが、今回は西播地区と但馬地区が平均9.4で同値だったため、次の基準である枝肉重量が上回る西播地区の優勝となった。但馬地区は昨年も2位。

◆行政・統計

More

◆トレンド

豚の出荷頭数は増加基調、世界的にはASFなど疾病懸念続く

豚の出荷頭数は増加基調、世界的にはASFなど疾病懸念続く

 例年、10月は大きなイベントなどもなく、出荷頭数が増加傾向となることから相場は下げ基調で推移することが多いが、ことしは量販店中心に内食需要が底堅いことに加え、GoToイートキャンペーンも開始され、ようやく外食業態にも人が戻りつつある。また...
More

◆国内外の団体

神奈川県肉連が東京・有楽町駅前で食育イベント、22日まで

神奈川県肉連が東京・有楽町駅前で食育イベント、22日まで

 全肉連の食育事業の一環として神奈川県肉連(上野好一理事長)は22日まで、東京都千代田区の有楽町駅前広場で開かれる「秋の食育・健康フェスティバル」に出展し、生粋かながわ牛の試食などを実施する。ことし、毎年参加しているイベントが軒並み中止とな...
More

◆製品

More
Return Top