食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

神戸ビーフの地区別対決、西播地区が2連覇果たす

 「神戸ビーフ」の生産地別対抗戦として年に1度開催される第11回兵庫県地域ブランド牛枝肉共励会が7日、加古川食肉地方卸売市場で開催された。55頭(雌14頭、去勢41頭)が出品され、団体優勝は「プレミアム姫路和牛」を擁する西播地区が2連覇を達成した。また、個人の最優秀賞には但馬地区の太田克典さん出品牛を選出した。せりでは同牛をキロあたり5,100円でグループの(有)太田家が買い受けた。
 兵庫県が誇るブランド牛・神戸ビーフ(但馬牛)は、その肥育地域ごとに「淡路ビーフ」「三田肉」「加古川和牛」などの地域ブランドが存在しており年に1度、それら10地区の地域ブランド牛と、肉牛肥育を行う県内農業学校3校合同チームを合わせた11区で出来栄えを競うのがこの共励会。地区ごとの出品牛のBMS平均で団体優勝を決めるが、今回は西播地区と但馬地区が平均9.4で同値だったため、次の基準である枝肉重量が上回る西播地区の優勝となった。但馬地区は昨年も2位。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top