食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

神戸ビーフの地区別対決、西播地区が2連覇果たす

 「神戸ビーフ」の生産地別対抗戦として年に1度開催される第11回兵庫県地域ブランド牛枝肉共励会が7日、加古川食肉地方卸売市場で開催された。55頭(雌14頭、去勢41頭)が出品され、団体優勝は「プレミアム姫路和牛」を擁する西播地区が2連覇を達成した。また、個人の最優秀賞には但馬地区の太田克典さん出品牛を選出した。せりでは同牛をキロあたり5,100円でグループの(有)太田家が買い受けた。
 兵庫県が誇るブランド牛・神戸ビーフ(但馬牛)は、その肥育地域ごとに「淡路ビーフ」「三田肉」「加古川和牛」などの地域ブランドが存在しており年に1度、それら10地区の地域ブランド牛と、肉牛肥育を行う県内農業学校3校合同チームを合わせた11区で出来栄えを競うのがこの共励会。地区ごとの出品牛のBMS平均で団体優勝を決めるが、今回は西播地区と但馬地区が平均9.4で同値だったため、次の基準である枝肉重量が上回る西播地区の優勝となった。但馬地区は昨年も2位。

◆行政・統計

More

◆トレンド

鶏肉マーケット Xマス控え相場高、リベンジ消費の追い風

鶏肉マーケット Xマス控え相場高、リベンジ消費の追い風

 東京の食品スーパー、アキダイの秋葉弘道社長がテレビのニュースでぼやいていた。「クリスマス用にタイ産のチキンレッグを仕入れようとしたら、問屋にことしは無理といわれた」と。 もっとも秋葉社長は、夏の天候不順で野菜が値上がりすればインタビューを...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが羊肉セミナー、ブランディングやラムの魅力を紹介

日本ハムが羊肉セミナー、ブランディングやラムの魅力を紹介

 日本ハムは19日、東京都港区のプルマン東京田町で羊肉セミナーを開催。現地会場、オンラインを合わせて50人以上が参加した。セミナーにはMLA豪州食肉家畜生産者事業団の三橋一法ディベロップメントマネジャー、日本ハム食肉事業本部食肉マーケティン...
More
Return Top