食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

防護柵推進、ASF殺処分の経営再開支援充実を—養豚協合同会議

 一般(社)日本養豚協会(JPPA、香川雅彦会長)は、JPPA県組織および登録業務委託団体合同会議を20日、東京・渋谷区の全理連ビルで開き、国内で深刻な状況となっているCSFに関する各県の取組状況や、日本への侵入が懸念されているASFに対する生産者団体としての今後の活動などを協議した。冒頭、香川会長があいさつし「豚熱のワクチン接種もほとんどが今月中に終わる。一方、昨年緊急対策で防護柵に国から約108億円の予算がついたが、進ちょく率が悪い県もある。豚よりも猪に感染した場合、猪は1日500m移動するという話もあり、CSFの予防的ワクチン接種が決まった。アフリカ豚熱では予防的殺処分が行われるが、猪がその距離を移動するといわれているのに500mから3kmの範囲で行うということで農水省にきいてみたが、ケースバイケースだという。もしかしたら10㎞で行う形になるのかもしれない。そうした中でやはり防護柵で猪から絶対に感染させないということが一番大切になってくる。ぜひとも防護柵設置の進ちょく率が100%に近い形になるよう頑張っていただきたい」と協力を求めた。

◆行政・統計

More

◆トレンド

食肉小売BtoBサイト「JMA29.com」、広く参加募集

食肉小売BtoBサイト「JMA29.com」、広く参加募集

 食肉全般のシステムを取り扱うIT関連企業の(株)九州電算は、食肉小売や卸業者などを対象としたECサイト「JMA29.com(ジェイ・エム・エー・ニク・ドットコム)」を運営している。同サイトは昨年10月から一般社団法人日本食肉協会会員の企業...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

フリーデンの「やまと豚」がITIで6年連続「三ツ星」を受賞

フリーデンの「やまと豚」がITIで6年連続「三ツ星」を受賞

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する(株)フリーデンは、ことし春にベルギーで開催されたITI(国際味覚審査機構)2020年度審査会に自社農場で生産した「やまと豚」をエントリー。世界の一流シェフやソムリエの中から厳選...
More
Return Top