食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

「肉の日」事業で和牛内食需要拡大へ、新たにレジ袋配布—全肉連

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、令和2年度「肉の日」事業推進会議を22日、東京・赤坂のアジミックビルで開き、今年度の取り組みなどについて意見交換を行った。「肉の日」事業は、全肉連がJA全農をはじめ、食肉流通・販売団体とともに、毎月29日を「肉の日」とし、そのうち8月29日を「やき肉の日」、11月29日を「いい肉の日」、2月9日を「お肉の日」としてキャンペーンを展開し、消費者に対し「肉の日」の認知度を高める取り組みを行っているもの。
 今年度は小売店舗に掲示する「肉の日」の店頭ポスター(写真)を刷新。新型コロナウイルス感染拡大で景気や消費が低迷する中、「国産食肉で日本を元気に」をシンプルに打ち出すとともに、HACCP普及資材で作成した手洗いマニュアルも掲載している。また、「肉の日」の告知用包装資材として新たにレジ袋を各店に配布する。7月からレジ袋の有料化がスタートしたが、バイオマス素材を25%以上配合するレジ袋は対象外で、従来どおり無料で配布できる。今回新たに作成したのもバイオマス素材のもので、食肉店の店頭で配布しやすいよう配慮した。レジ袋には、「29日は肉の日」のロゴを中央に入れ、その下に手洗いマニュアルも載せてPRしている。

◆行政・統計

和牛肉などネット販売推進事業開始、コロナ影響対策で送料補助

和牛肉などネット販売推進事業開始、コロナ影響対策で送料補助

 農水省の令和2年度国産農林水産物等販売促進緊急対策事業のうち、品目横断的販売促進緊急対策事業の一環で、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、売り上げの減少などが顕著な国産農林水産物のネット販売における送料を補助する「インターネット販売...
More

◆トレンド

マルキン肉専積立金の不足が新たに8道県、5月分は24都道県

マルキン肉専積立金の不足が新たに8道県、5月分は24都道県

 肉専のマルキンについて生産者積立金の不足により、国費分のみの支払いとなる県が新たに8道県増えた。これにより、5月分マルキンは24都道県で国費分のみとなった。要因としては肥育農家の資金繰りの支援のため、9月末まで牛マルキンの生産者負担金が納...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top