食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

日本ハム冷食の新商品、新ブランド「シェフの厨房」シリーズ発売

 日本ハム冷凍食品(株)は22日、東京・品川区の本社で秋冬新商品発表会を開催。4月1日から着任していた植月実・新代表取締役社長(写真)のほか、山本泰生取締役管理部長、小林県営業企画部長代行らが出席し、新商品の説明などを行った。
 冒頭、植月社長はこれまでの自身の経歴を紹介しつつ「日本ハムでは外食やCVS、スーパーのデリカなどを対象に業務用食品の営業を務めてきた。こうした経験を生かし、冷凍食品の販売に尽力したい」と就任のあいさつを行うとともに、今後の開発方針について「食肉メーカーのグループとして肉総菜の冷食を強化するとともに、得意分野である中華総菜の冷食も引き続き力を入れていきたい」と意気込んだ。

◆行政・統計

和牛肉などネット販売推進事業開始、コロナ影響対策で送料補助

和牛肉などネット販売推進事業開始、コロナ影響対策で送料補助

 農水省の令和2年度国産農林水産物等販売促進緊急対策事業のうち、品目横断的販売促進緊急対策事業の一環で、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、売り上げの減少などが顕著な国産農林水産物のネット販売における送料を補助する「インターネット販売...
More

◆トレンド

マルキン肉専積立金の不足が新たに8道県、5月分は24都道県

マルキン肉専積立金の不足が新たに8道県、5月分は24都道県

 肉専のマルキンについて生産者積立金の不足により、国費分のみの支払いとなる県が新たに8道県増えた。これにより、5月分マルキンは24都道県で国費分のみとなった。要因としては肥育農家の資金繰りの支援のため、9月末まで牛マルキンの生産者負担金が納...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top