食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

豚枝肉で脂肪酸組成の迅速測定可能に、食味に及ぼす影響も判明

 公益(社)日本食肉格付協会(大野高志会長)と独立行政法人家畜改良センター(入江正和理事長)は19日、JRAの助成を受けて実施した「豚枝肉脂質判定技術開発調査事業(平成30〜令和2年度)」の成果で、新たに豚枝肉における脂肪酸組成の迅速測定が可能になったことを発表した。食肉市場の枝肉ラインで豚肉の脂肪質のうち脂肪酸組成を迅速測定することに成功し、さらに豚肉の脂肪酸組成が食味に影響を及ぼすことも明らかになった。格付協会は、令和3年度に社会実装に向けた調査・分析を行い、4年度から生産者、流通業者などの要望に応じて格付に付加する別オプションとして、測定およびデータの提供を行っていく予定。
 我が国の豚肉は、主要国との貿易・経済連携協定の発効など国際競争の激化に伴い、輸入豚肉と対抗するため、品質などの差別化がますます重要となってきている。とくに豚の脂肪の質は枝肉評価で重要であるだけではなく、食味と深い関係があるといわれ、脂肪の質の科学的評価は、輸入豚肉との品質の差別化に向けカギを握る。このような中、格付協会と家畜改良センターが連携し、食味や品質に関する脂肪の質を豚枝肉の段階で、非破壊、客観的かつ高精度に評価するため、食肉脂質測定装置を用い各種脂肪酸を測定する実用的な検量線を開発するとともに、脂肪酸組成と食味の関係性を解析した。

◆行政・統計

中央畜産会、「全国優良畜産経営管理技術発表会」を開催

中央畜産会、「全国優良畜産経営管理技術発表会」を開催

 「令和3年度全国優良畜産経営管理技術発表会」が26日、公益㈳中央畜産会の主催で実施された。同発表会は、第61回農林水産祭の一環として開催されており、畜産経営の表彰としてはわが国を代表する行事といえる。畜産経営の優秀な事例を称えるとともに、...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが来年2月1日から商品規格変更および価格改定

日本ハムが来年2月1日から商品規格変更および価格改定

 日本ハムは1日、2022年2月1日から主力商品の「シャウエッセン」など、一部商品の規格変更および納品価格の改定を実施することを発表した。  価格改定の主な要因は、ハム・ソーセージおよび加工食品の主原料や小麦粉・食用油などの副資材の高騰。昨...
More
Return Top