食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

和牛肥育26カ月に短縮でも肉質差ない、温室効果ガス1割超削減

 独立行政法人家畜改良センターはこのほど、黒毛和種の肥育期間短縮に関する調査研究を行い、結果をまとめた。一般的な29カ月齢程度の肥育期間の牛肉と比べ、肥育期間が短いと「キメ・締りなどの肉質が劣る」といわれ、市場における評価は低くなる傾向にある。このため、肥育期間を26カ月齢に短縮した場合の牛肉との比較試験を実施したもの。調査の結果、肥育期間を短縮(29カ月→26カ月)しても枝肉重量に有意な差はなく、肉質面でも枝肉格付は「A4」で「キメ・締まり」に差はなく、食味においても変わりがない結果を得ることができた。さらに、近年、畜産分野でも地球温暖化対策をはじめとした持続的な畜産物生産に向けた取り組みの重要性が高まる中、肥育期間の短縮(29カ月→26カ月)により牛から発生する温室効果ガス(CH4、N2O)排出量だけで1割以上削減する結果が得られた。
 枝肉格付の成績については、表のとおり。26カ月区、29カ月区の各試験区ともに平均「A4」となった。肉質等級をみても大きな差はなく、これまで肥育期間が短い牛肉で良くないとされていた「キメ・締まり」についても、両試験区で有意な差はみられなかった。また、各試験区のロース肉について、同センターが取り組む分析型官能評価パネルによる牛肉食味の評価を実施。軟らかさ、多汁性、うまみ、脂っぽい香り、甘い香り、肉ようの香り、和牛らしい風味といった各項目においても、両試験区に有意な差はなかった。

◆行政・統計

肉牛・豚の経営体数5年前から2割超減—20年センサス

肉牛・豚の経営体数5年前から2割超減—20年センサス

 農水省はこのほど、2020年農林業センサス結果の概要(確定値)を取りまとめ、公表した。それによると、令和2年2月1日現在で、全国の肉用牛飼養経営体数は4万78経営体となり、5年前に比べ21.4%(1万896経営体)減、飼養頭数は225万8...
More

◆トレンド

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

 ゴールデンウイークを前に、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3度目の緊急事態宣言が発令され、外出自粛、飲食店の休業などの動きが強まり、ことしの連休も観光や行楽需要は見込めない。末端消費は巣ごもり消費を余儀なくされ、量販店向け主体の国産鶏肉の...
More

◆国内外の団体

[豚肉需給動向・3月]推定出回り量は前年比6.9%増

[豚肉需給動向・3月]推定出回り量は前年比6.9%増

 農畜産業振興機構が発表した3月分の豚肉需給動向によると、推定出回り量は15万5,103t(前年同月比6.9%増)と前年を上回った。このうち、国産品は8万2,627t(6.6%増)、輸入品は7万2,476t(7.2%増)と、ともに増加した。
More

◆製品

More
Return Top