食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

仙台市場46周年記念共進会、和牛去勢名誉賞は川村ファーム

 仙台市中央卸売食肉市場は7日、業務開始46周年記念枝肉共進会を盛大に開催。肉牛の部では第1部黒毛和種去勢150頭、第2部黒毛和種雌70頭、第3部交雑種30頭の計250頭が上場された。
 第1部では(株)川村ファームの出品牛(A5、枝肉重量629kg、ロースしん面積98平方cm、バラ厚10.4cm、BMS No.12)が名誉賞に輝き、キロあたり5,002円(税抜き.以下同)で(株)マルイが購買。3年連続での獲得となる川村ファームの川村大樹氏(右写真)は「地元の共進会で名誉賞を獲得できたことは大変うれしい」と喜びを語った。一方、購買したマルイの佐藤宏社長(左写真)は「コロナ禍で飲食需要などが激減し、生産者も含めて苦しい状況が続いているが、今後も買い支えていきたい」と話した。第2部黒毛和種雌では鈴木貴弘氏の出品牛(A5、428.5kg、82平方cm、8.7cm、BMS No.12)が名誉賞を受賞し、(株)よね一が5,101円で購買。交雑種では(株)日高見牧場の出品牛(去勢、B4、620kg、58平方cm、9.7cm、BMS No.7)が名誉賞となり、(有)牛肉の庄司が1,802円で購買。さらに第4部肉豚の部には399頭が上場。(有)なわやの出品豚(「極上」、枝肉重量76kg)が名誉賞に輝き、栗原食肉(株)が2,004円で購買した。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top